ホーム気になるグッズ ≫ 100均のつっぱり棒を、地震対策に使ってはいけない理由。

100均のつっぱり棒を、地震対策に使ってはいけない理由。


シルクつっぱり棒が売っています。100円以外にも、300円や400円の商品があるのですが、価格の高いのは書棚の転倒防止などに使えるんでしょうか?
つっぱり棒

結論は、100均つっぱり棒は地震の転倒対策に使えません。じゃ、なんに使うの?価格の違いはなんなんだろう?

スポンサーリンク

地震対策に使えるつっぱり棒は、耐荷重25kg~65kgの強力タイプでないと危険なのです。

100均ショップでつっぱり棒は、最大でも5kgなので、転倒防止には役にたちません。

危険なので、地震の転倒対策に使うのは絶対に止めましょうね!

価格の違いの理由


価格の違いは、長さと耐加重の違いでした。
つっぱり棒300円

100円
耐荷重1kg・40cm~70cm、70cm~120cm
300円
耐荷重5kg・83cm~150cm 
400円
耐荷重5kg・103cm~198cm

カーテンや、服をかけたり、フックをつけて小物を吊るす用途には手軽でいいですね。

100均つっぱり棒の、使い方が進化中!


100均のつっぱり棒の使い方を考えてみましたが、いろいろ使い方が進化しているようです。

滑り落ち防止
棚の手前をつっぱって、滑り落ち防止に役立ちます。転倒防止には使えませんが、棚に置いたものの滑り落ち防止には使えます。

食品棚の空スペースを有効利用
食品棚の上のほうって、ムダですよね。つっぱり棒で小物入れのスペースが作れます。

暖簾やカーテンに
つっぱり棒1本と可愛いてぬぐい2枚でのれんの出来上がり。窓辺に吊るすとカーテンにもなりますね!

スプレーを引っ掛ける
なにかと増えるスプレー類。つっぱって、スプレー部分をひっかけると探すのも、取り出すのも便利です。

簡易棚に
突っ張り棒2本に、ベニヤ板を乗せるだけで棚が出来上がります。釘がなくても棚ができるので、賃貸や、DIYが苦手でも大丈夫。

ハイヒールでおシャレなディスプレイ!
綺麗なハイヒールをお持ちの女性におすすめ。つっぱり棒にヒールを引っ掛けてディスプレイ。お店みたいです。しかも、選びやすいし取りやすい。

繰り返しますが、100均つっぱり棒は、家具の転倒防止に使えません。転倒防止には、絶対使用しないでね!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示