ホームトラブル・体験談 ≫ 冷蔵庫の製氷機が壊れても大丈夫。ダイソーの製氷皿を買いました。

冷蔵庫の製氷機が壊れても大丈夫。ダイソーの製氷皿を買いました。


冷蔵庫の製氷室に氷ができなくなりました。構造がよくわからないので修理は無理。でも、ダイソーには製氷皿が売っているので安心です。
氷

ダイソーの製氷皿コーナーには、いろんな種類のものがあって迷ってしまいました。

スポンサーリンク

氷を取り出すには、シリコンが便利だけど・・。サイズはどのサイズ・・。丸いのも捨てがたいし・・。など、悩みっぱなし。

迷っていても、きりがないので決めました。これ↓
製氷皿1


今年はトラブル続きです⇒携帯電話の解約日に注意。たった1日で7000円も請求された驚きの理由とは?

選んだ決め手は・・


たくさんあるなかで、この製氷皿を選んだ理由は、
製氷皿説明2

1.16個の氷ができるので、夫婦2人なら十分。
2.水が注ぎやすいフタが付いていたこと。
3.フタをつけたまま、水が注げること。

むかしは水道水をジャバジャバ入れていましたが、最近は水も買うので無駄にできないのです。こぼれないで注げる「注水口付」に惹かれたんです。
製氷皿3

製氷機の仕組み


この機会に製氷機の仕組みを調べてみました。単純な構造だったので、驚きました。

1.給水タンクの水を、冷蔵室にある製氷皿に流す。(給水)
2.製氷皿に氷ができたら、貯氷ケースに氷を落とす。(離氷)

これだけだそうです。よくあるトラブルは、製氷皿が割れたり、ヒビワレによる水漏れがあるそうです。

その他の原因は、
・製氷皿モーターのトルク不足。
・コンプレッサー不良。
・軽度なガス不足。
・除霜装置の故障で冷え不足。

難しいことはよくわかりませんが、部品があれば修理は可能です。修理代金はメーカーに問い合わせる必要がありますが、安くても1~2万かかるようです。

わが家の冷蔵庫は、10年以上前に7~8万で買った物です。部品もないと思いますし、修理してもまた壊れそうです。買い替えが良いのでしょうね。

毎日使って気が付けば10年超、最近の家電商品ってほんと壊れないですね。日本の技術ってスゴイです!

でも、製氷室以外は悪いところがないようなので、もうしばらく使います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示