ホーム気になるグッズ ≫ パソコン掃除にダイソーの「おそうじ棒」がいい理由とは?

パソコン掃除にダイソーの「おそうじ棒」がいい理由とは?


テレビの台の下とか、サッシの溝とかに溜まったホコリが、なかなか取れません。そんな隙間掃除に便利なのが「おそうじ棒」なのです。どこかでみたことあるような。
おそうじ

そう思われた方、その通りです。少し前に流行った「マツイ棒」と同じです。ところがダイソーのおそうじ棒は、少し進化してました。

スポンサーリンク

マツイ(松居)棒って?


マツイ棒は、エッセイストの松居一代さんが考案した「お掃除道具」です。最初のころは、手作りでした。

〔材料〕
・割り箸
・ガーゼ
・輪ゴム

〔作り方〕
1.割り箸にガーゼを巻きつける。
2.ガーゼを輪ゴムで固定する。

これで完成です。
おそうじ棒


使い方


使い方は簡単。手の届かない隙間に、マツイ棒を差し込んむだけでホコリが取れます。

例えば、
・テレビの台下
・サッシの溝
・キッチンの排水溝
・クーラーの排気口
・冷蔵庫の下 など

ちょっとした隙間のゴミをかき出すのにピッタリです。

進化したマツイ棒


手作りでもできるので、100円もだして買わなくてもよさそうです。ですが、少し進化していたのです。
拡大するとわかるのですが、お掃除部分が進化しています。
おそうじ棒拡大

ボツボツが付いているので、この部分でホコリをしっかり吸着します。しかもスペア3個入りです。

手作りだとガーゼと輪ゴムで作れるんですが、わが家の救急箱にはガーゼが1枚2枚しか入っていません。結局買わなきゃなんないのです。

掃除目的なら、おそうじ棒を買っても、ガーゼを買っても変わらないです。ズボラなわたしには、ゴムでガーゼを止める必要もないので、面倒くさくなくっていいんです。

パソコンの掃除に大活躍


おそうじ棒は隙間掃除に最適なのですが、わが家で一番重宝している場所はパソコンです。パソコンのキーボードってホコリがたまりやすいので、キーの間の掃除に大活躍してくれます。

ペン立てに1本たてて置いておけば、いつでも気持ちよくキーボードが使えます。たまに、液晶画面に付いたホコリ落としにも利用してます。

隙間掃除に「面倒くさくなくっていいや」と思って買ったのですが、手軽なパソコンの掃除用品として使うようになりました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示