ホーム気になるグッズ ≫ 節約しながら目の健康を守る方法。ダイソー「クール&ホットアイマスク」

節約しながら目の健康を守る方法。ダイソー「クール&ホットアイマスク」


花王の「めぐりズム」を使ってみるとわかるのですが、眼精疲労にすごく効果があります。でも1枚100円もするので、毎日使えないのが悩みでした。ところが、ダイソーにリサイクルできるホットアイマスクが売っていたので買いました。
アイマスク0

前回はお笑い狙いでかったのですが・・・。今回は、まじめに「眼精疲労回復」を考えて探したんです。

スポンサーリンク

以前紹介したアイマスクはお笑いのネタにしました⇒アイマスクで疲労回復しながら人気者になる方法。

アイマスク全体

眼精疲労の原因


眼精疲労は、目の周りの筋肉のコリが原因です。コリによる血行不良が原因ですから、筋肉のコリをほぐして血行を良くしてあげればいいのです。

コメカミあたりを指でもんだり、目の周りを温めると眼精疲労が和らぎます。

温めの効果


目の周りを温めると、血管が拡張するので血流が良くなります。また、目の周りには緊張を感じる神経が集まっているので、温めると目だけではなく全身もリラックスできるんです。

目の周囲を温める一般的な方法は、温めたタオルを目にのせて10分程度目を閉じていれば良いだけです。

よくオジさんが、喫茶店で蒸しタオルを目にのせますが、意味があるんです。オジさんは疲れているので、自然に身体を守っているのですね(笑)

冷やしの効果


痛みや充血など目に炎症がある場合は、冷やした方がいいです。炎症は温めると悪化してしまうことがあります。

眼精疲労を冷やして和らげる方法もあるので、目に痛みがあるときは冷やした方がいいです。

冷やしても眼精疲労は和らぎます。冷やすことで目の周囲の筋肉や血管を一気に収縮させておくと、外した時にはその反動で拡張します。止まっていた筋肉が動き出し、血管が膨張することで血流が良くなるという理屈です。

温めと違い全身のリラックス効果はないですが、目が痛い時は冷やしても効果があるので安心してください。

温めと冷やしの繰り返し


いちばん効果があるのが、温めるのと冷やすのを交互に繰り返す方法です。温めて冷やすことで血行が活発になり、血行促進でコリが解消するのです。

お風呂場で簡単にできるので、試してみるといい感じでした。
1.洗面器に冷たい水を入れてタオルを浸します。
2.シャワーで目を温める。
3.タオルで冷やす。
4.2~3を4・5回繰り返す。

この方法、かなりすっきりしました。

ついでにお風呂の鏡の掃除に⇒鏡のウロコがみるみる取れるダイヤモンドクリーナー。1000円と100円を比較してみた感想

クール&ホット・アイマスクの使い方


アイマスク説明

わたしはドライアイで、目が痛いことが多いので、普段は冷蔵庫に入れて冷やしています。目が疲れたときに冷蔵庫から取り出してすぐに使えて便利です。

目の調子が良いときは、お湯を沸かして温めて全身リラックスに使っています。たまにしか買えない「めぐリズム」の変わりに使うのです。

これがあれば、いつでも眼精疲労回復が思うと嬉しくて、涙しながら使っています。ダイソーさん、いい商品作ってくれて、ありがとっ!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示