ホーム健康グッズ ≫ 100均の視力回復メガネ「ピンホールメガネ」の意外な効果。

100均の視力回復メガネ「ピンホールメガネ」の意外な効果。


視力回復に効果があるといわれている「ピンホールメガネ」。わたしも何度か試しましたが、重度な近視には効果がなかったのです。アラフィフになると近視老眼がプラスされ、本を読むのも一苦労します。
視力矯正1

ところがピンホールメガネをかけると、楽に本が読めるようになったのです。

スポンサーリンク

ピンホールメガネの使い方


ピンホールメガネは、レンズの部分に小さな穴(ピンホール)が、たくさん空いています。この穴から物を見ると「ピンホール現象」が働き、視力の悪い人でもピントがあって良く見えるようになります。
視力矯正説明

視力の悪い人が人の顔を見るときに、顔つきが悪くなりますが、目を細めると物が良く見えるようになるのです。ピンホール現象は、それと同じことです。

もっと簡単にいうと、目に入る「光の量が少なくなると良く見える」のです。

視力回復できるは、ウソ!?


ピンホールメガネを使ってトレーニングすると、目の筋肉が鍛えられピントが合うようになるそうです。目を細めなくても、目の筋肉がその役割を担うようになるんですね。

この方法は自然治癒を期待した方法で、軽度な近視には役立ちます。でも、目の筋肉が、ほぐせないほど堅くなった重度の近視には効果がないのです。

軽度の場合はホント、重度の場合はウソ。ということです。

重度でもでも、意外と良い!


じゃあ「重度の近視の人、老眼が入った人は使えないか?」というと、そうでもないです。本来の目的は、筋肉をほぐす道具ですから、目のリラックスには効果があります。

わたしは「近視+老眼」で遠近どちらも見えにくくて困るのですが、ピンホールメガネをかけるとメガネが必要ありません。裸眼でテレビも本も読めました。目を細める必要もないので、裸眼で物を見るのがこんなに楽だとは思いませんでした。

難点は、
・ホールから物を見るので視界が狭くなること。
・他人が見ると怪しまれるので、外で使えないこと。

視力の程度にもよりますが、このメガネだと裸眼で物が見れるので、目にかかる負担が少なくなります。目の周辺の筋肉も無駄に使わず、目の筋肉のストレッチをしているので、外したあとはコリがとれているような気がします。

ピンホールメガネは、100均で売っているので、目の疲れが取れない方はいちど試してみてください。人目さえ気にしなければ、目のリラックスに最適なグッズだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示