ホーム健康グッズ ≫ 真夏の散歩の熱中症予防には、ダイソーのネックバンダナが効果的。

真夏の散歩の熱中症予防には、ダイソーのネックバンダナが効果的。


真夏の散歩は、ダイソーの「ウォーターネックバンダナ」を持ってでかけます。熱中症になりたくないですものね。
ネックバンド

水にひたすとヒンヤリするネックバンダナをつけると、散歩中はチョー快適。バンダナなので首まわりの日焼け予防もできるし、

スポンサーリンク

綿でできているので肌荒れの心配もないので安全、一石三鳥なのです。

ウォーターネックバンダナの説明


素材は綿100%で、サイズは4cmx84cmです。首まわりが太いわたしでも、十分なサイズです。

綿だけだとタオルと同じですが、首のあたる部分に「紙おむつ」で使われる、水を吸収する素材が入っています。

水を吸収して逃がさない「高分子給水ポリマー」のおかげで、暑い夏でも水の冷たさを保ってくれるというしかけです。

首に巻いていても水がポタポタたれてこないので、とっても爽快。風があたると、ヒンヤリして気持ち良いです。

に使えました。

冬は防寒、では夏は?


冬の場合は厚着をして出かけることを、防寒といいます。では、夏はなんと言うかご存知ですか?

ご想像のとおり、「防暑(ぼうしょ)」と言うそうです。あまり言わないですよね。暑さを凌ぐ対策の意味です。

クーラーや扇風機を使ったり、水をまいたりする暑さ対策のことを、一般(?)に防暑と言います。

防暑服というのも売っていました。ファンのついた作業着のことを言うそうですね。真夏の作業はたまらんですから、ファンで作業着の中に空気を送る服があるそうです。(着たくないです・・)

散歩のときは完全防暑してます


熱中症だけでなく、日焼けも気になります。わたしの場合、散歩にでかけるときは完全防暑してから、でかけます。

・帽子
・サングラス
・長袖Tシャツ
・ウォーターネックバンダナ

これに、顔や手などに日焼けクリームを塗ってます。(わたしは男性・・)

男性なのに日焼けを気にするの?と思われるかもしれませんが、日焼けは体力を消耗するのです。多少の紫外線は大丈夫ですが、アラフィフにもなると注意しなければいけないと思うのです。

ちなみに、ゴルフに行くときは、同僚には日焼け対策していることはナイショです。気持ちわるいと言われるもので・・・(女性がうらやましいです)

綿なので安全です


水に浸すと冷たくなる「冷感グッズ」には、アルコール樹脂製のものもあります。これらは、「皮膚が赤くなる」などのアレルギー性の接触皮膚炎をおこすと、「国民生活センター」がら注意がでたことがありました。

ダイソーの「ウォーターネックバンダナ」は、皮膚にあたる部分は「綿100%」。ヒンヤリ部分は、紙オムツでも使われる「高分子給水ポリマー」なので安全。安心してつかえると思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示