ホーム気になるグッズ ≫ ダイソーでディズニー柄のバンダナが増殖中。バンダナが今年のファッションアイテム?

ダイソーでディズニー柄のバンダナが増殖中。バンダナが今年のファッションアイテム?


70年代のファッションアイテム「バンダナ」の人気が高まってきているようです。ダイソーにもこども向けに、ディズニー柄のバンダナが並び始めました。
バンダナ

ディズニーの人気キャラクター、「ミッキー」「ミニー」「ドナルド」、3つの柄が並んでいました。サイズは【53cmx53cm】あって、大きなハンカチとしても使えます。

スポンサーリンク

バンダナ使い方


バンダナは、ハンカチが大きくなったようなもの。大きいことはいいことで、いろんなことに使えます。

首に巻いて日焼け予防に

首にまくと、かっこよく夏の紫外線を防止できます。バンダナはもともと、農夫やカウボーイが愛用していたのです。日焼けをかっこよく防止できるのも当然です。

冷却効果バツグンのバンダナはこれ⇒真夏の散歩の熱中症予防には、ダイソーのネックバンダナが効果的。

ハンカチ

大きなハンカチとしても使えます。元々は、農夫が首に巻いて汗をふき取るための物です。本来の使い方です。

ヘアアレンジ

男の子は、三角形の二つ折りにして、頭に巻くとカッコいいです。
女の子は、くるくるっと細長くなるようにして頭に巻くと、結ぶと可愛い!
バンダナ_ディズニー


バンダナは野蛮! スカーフは上品?


バンダナは、アメリカの農夫やカウボーイが使っていたアイテム。スカーフはヨーロッパの貴族が使っていたアイテムです。

これをみると、バンダナは野蛮。スカーフは上品だというイメージですが、元々は日焼けを実用的なものから装飾に広がったものなのです。ルーツは同じものですね。

どちらも、首元に巻いて日焼けを防ぐものから進化し、装飾アイテムになったのです。日本では「手ぬぐい」と同じ用途ですね。

70年代といえば、私たちアラフォーがこどもの頃です。うっすら記憶になりますが、母がミニスカートを履いていたのを見て、子供ながら恥ずかしかった記憶が蘇ります。父は、外出するとき、バンダナを首に巻いていました。

バンダナブーム再燃の今。ダイソーのディズニーバンダナは、こどもだけでなく、大人でも可愛く使えそうですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示