ホーム映画・ドラマ・書籍 ≫ 100円で本が作れるわけがない。ダイソーの「100円本」がすごすぎる理由

100円で本が作れるわけがない。ダイソーの「100円本」がすごすぎる理由


ダイソーって雑貨店だと思いきや、も販売してるのですね。少々出版業界に携わった身としては、常識として"100円で本が作れるはずはない"と思うのです。
読書イラスト

1つの本をつくるのに、作家さんへの印税や印刷、編集者の給料とか含めると最低でも100万くらいはかかります。

5千部刷ったとしても1冊あたりの原価は200円。これに、出版社・配送・書店のそれぞれの利益をのせると、500円~600円の定価にしないと元が取れないのです。

なぜダイソーは100円で本が売れるのか? それには、とんでもない秘密があったのです。。

スポンサーリンク

ダイソーの出版部門「大創出版」


ダイソーの出版を担当する「株式会社大創出版」の社長は、元々は教科書関連の出版社に勤めていたのですが、少子化の影響で教科書の売り上げを痛感していました。

そんな時、ダイソーという「たくさんの物を売る会社」を知ったそうです。この社長さんのすごいところは、「ダイソーで本を売ろう!」と思ったところです。

前述したとおり、100円で本を売るなんて、出版業界ではとても考えつかないことなのです。

この社長、すぐにダイソーに提案して「ミニミニ辞典」シリーズの受注をしたそうです。辞典ですから、その頁数はなんと208頁。これを100円で売ろうというのですから、とてつもない量を販売しなければ、大赤字です。

最初は、何冊つくったの?


実用書の平均初版部数は、3千部~5千部と言われています。これを2000円~3000円で売るのです。100円で売るのなら単純計算で30倍(3000円÷100円)。つまり、15万冊を初版で印刷する必要があるのです。

そんなに勇気のある出版社は、日本中探してもないと思います。

ところが、ダイソーに納品した「ミニミニ辞典」。そんなせこい話ではありませんでした。
その数なんと、1200万冊!

「ダイソー本」大ブレイクと、大創出版の設立


ミニミニ辞典は、発売と同時に大反響!「100円で辞典が買える」ということで、メディアにも取り上げられ、大ブレイクしました。

これをきっかけに、大創出版が2001年に設立され、さまざまな種類の本がダイソーで100円で売られるようになりました。

ダイソーには、どんな本があるのかな?


ベストセラー「ミニミニ辞典」はいまだに販売していますが、本の種類、シリーズはどんどん増えています。

パズル、スイーツレシピ、マンガで学ぶシリーズ、心理テスト、英会話、旅行ガイド、幼児のおけいこ、小学生ドリル、ぬりえ、おりがみ、シールブックなどなど。

大人もこどもも楽しめるシリーズを続々発売しています。

いま出版業界はとんでもないことに。。。


大創出版が設立された2001年は、奇しくもアマゾンなどのネット通販が開始された時期でもあるのです。ネット通販の普及とともに、書店がどんどん閉店に追いやられています。それどころか、日本の出版業界を取り仕切ってきた、本の5大卸業者の2社が廃業してしまいました。

「ダイソーの100円本など邪道」といって相手にしなかった出版業界が今、苦境に陥っているのは不思議なものです。

100円を笑うものは、100円に泣く。ということなのでしょうか。。。?

妻と仲良くする方法は?⇒ダイソー「男のホンネ、女のホンネ徹底比較」を、読んだ感想

2016/3/28追記
100円本の裏表紙2頁に、広告を掲載しています。原価を下げるだけでなく、知恵を絞って努力を続けていることが、、大創出版隆盛の理由なのだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示