ホームグルメ ≫ ダイソーの味付きストローが牛乳嫌いを克服できる理由。

ダイソーの味付きストローが牛乳嫌いを克服できる理由。


牛乳を飲むと、ストロベリーミルクに変身するストローをご存知ですか?
ストロー0

ダイソーで売っているストロー「ミルキーマジック」ストロベリー味を使うと、単なる牛乳がデザートミルクになります。

牛乳嫌いのこどもでも、ストロベリーの味がするので牛乳嫌いが解消されるかもしれません。

スポンサーリンク

WHOでは、「カルシウムの最良の補給源は牛乳・乳製品である」と明言されています。健康に、こどもの成長に、牛乳はかかせません。でも、牛乳嫌いの人って多いんです。

そんな人でも、ケーキなんかのデザートは大好きで、好んで食べますよね。アレルギーでない限り、健康に良い牛乳は飲んだほうが健康にいいんです。

牛乳嫌いになる理由


牛乳嫌いになる原因は、「味と臭い」が1位・2位だそうです。

本来、牛乳は無臭なのです。ところが、高温殺菌すると牛乳に含まれているたんぱく質がこげてしまって、いやな臭いになるんです。

牛乳の臭いがイヤな場合は、低温殺菌した牛乳にすると臭いが少ないので、おすすめです。ただ、ちょっと値段が高いのが難点です。

味については、サイダーやカルピスを混ぜると随分飲みやすくなります。
ストロー1


ミルキーマジックで解決!


そんな牛乳嫌いの人でも、「ミルキーマジック」ストローを使って牛乳を飲むと、手間をかけずに牛乳が飲めるようになります。

「ミルキーマジック」は、フレーバーストローという種類の食品で、ストローの中にフレーバー粒子が入っています。

牛乳をこのストローで飲めば、フレーバーが溶けて、牛乳のいやな臭いや味が、いい臭いと味に変身するんです。

フレーバーとは、食品を口に入れた瞬間、喉から鼻に抜ける心地よい味と香りのことです。

フレーバーの説明は難しいのですが、鼻をつまんでワインを飲むと味気ないと感じます。これはフレーバーが感じられないからなんですね。

フレーバーストローとは?


2005年に、オーストラリアのストローメーカー「UNISTRAW社」が開発した味付きストロー『ミラクルストロー シッパー』が元祖です。キャッチコピーは、”牛乳の味を変える魔法のストロー”。

粉末を牛乳に溶かして飲むのではなく、ストロー自体に「味の素を入れてしまおう」という斬新な発想です。現在ではアメリカやヨーロッパ、アジアなど世界65カ国で販売され、大ヒットしています。

飲んでみた感想


ストロー2

約200mlの牛乳をコップに入れて、「ミルキーマジック・ストロベリー味」を使って飲んで見ました。

ちょっと味が薄く、かすかにストロベリーの臭いと味がします。味が薄いのは、冷たい牛乳なので溶けるのが遅いからです。濃い味が好みの方は、牛乳を温めて飲んでみると良いです。

牛乳嫌いを克服できて、カルシウム不足を解消できる健康食品なんですね。3本で100円ですが、健康食品と考えると安いです。

ストロベリー味のほか、チョコレート味もあります。牛乳嫌いのあなた、いちど飲んで感想聞かせてくれません?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示