ホームおもちゃ ≫ ダイソーの万華鏡を見ていると、2017年の万華鏡世界大会in京都に行きたくなるよ。

ダイソーの万華鏡を見ていると、2017年の万華鏡世界大会in京都に行きたくなるよ。


こどものころに初めてのぞいた万華鏡。不思議な世界を、一日中のぞいていたような気がします。ダイソーに置いていたので手にとると、懐かしくて思わず買ってしまいました。
万華鏡

家に戻って調べていると、なんと来年(2017年)5月、京都で万華鏡の世界大会が開催されるそうなのです。

スポンサーリンク

そもそも万華鏡ってだれが発明したんだろうか?


日本では万華鏡、英語ではカレイドスコープ(kaleidoscope)と言います。和柄が多いので、てっきり日本の発明だと思っていましたが、違うんですね。

万華鏡を発明したのは、いまから200年ほど前のイギリスの科学者「デヴィッド・ブリュースター」さん。灯台の光を遠くまで届かせる実験中に思いついたそうです。その時若干35歳、若いですね。

1817年にブリュースターが発明した万華鏡は、わずか2年後の1819年に江戸時代の日本に輸入され、ヒット商品になりました。

最近のテレビドラマだと、TBS日曜劇場「JIN -仁-」で、中谷美紀さん演じる花魁(おいらん)が、万華鏡を覗いて「きれいだねぇ」なんて言っているのが記憶に残っています。
万華鏡01

万華鏡の癒し(いやし)の効果


万華鏡を覗いていると、その不思議な世界感に心が落ち着きます。

・寝る前に見ていると、不眠症が解消される。
・不安な気持ちがなくなる。
・目の疲労がとれる。

万華鏡には癒しの効果があるのです。

世界大会にいってみた~い!


万華鏡は、元々こどものおもちゃがっだのですが、近年ではアート作品として認められています。日本の作家も多く、その繊細さな万華鏡に世界から大絶賛されています。

来年の世界大会は、2017年5月25日から4日間、京都市立芸術大ギャラリー@KCUA(アクア)で開催されます。

万華鏡作家の新作発表や作品販売、万華鏡を作る教室なども予定されているようです。

万華鏡に興味がでましたか?

なら、ダイソーで万華鏡を買って万華鏡の世界を楽しみながら、来年の世界大会に備えましょう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示