ホームプロフィール ≫ 2016年8月から祝日が増えます。「海の日」「山の日」、次は「何の日」?

2016年8月から祝日が増えます。「海の日」「山の日」、次は「何の日」?


7月18日は「海の日」ですが、2016年から8月11日「山の日」という祝日が増えたのをご存知ですか?お盆中の祝日なので、気付いてない人もいるかもしれないですね。
富士山

祝日が増えるのは嬉しいのですが、お盆休みとかぶって嬉しくないです。どういう理由でこの日に決まったんでしょう。

スポンサーリンク

「山の日」はどんな日?


国民の祝日は法律で決められています。「山の日」は、”山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”日と定められました。

「山の日を作って」とお願いしていたのは、日本山岳会や、山がある地方自治体などの団体。各地の自治体は独自に「山の日」を決めて、イベントを開催していました。でも、国民の祝日になったほうが、お客さんが足を運んでくれるんです。つまり、山のある地域の経済が活発になるんです。

祝日が増えるということは、そういう経済活動が影響しているということなんでしょうね。

なんで「8月11日」なの?


祝日のない月は6月と8月だったのですが、「八」が山の形に見えるので8月に決まったと言われています。また、木が立っている形に見えるので「11」日にしたといわれています。ですが、これはあとから「こじづけ」たもの。

この日「8月11日」に決まるまでは、いろいろと議論があったそうです。

8月になった理由

まず、山開きは6月1日からなので、6月案もあったようです。ところが、6月はゴールデンウィークの翌月で、お金を使って節約モードに入ることから、経済効果が期待できない。国民がお金を使う「8月にしよう。お盆前だし、いいんじゃね?」ということです。

あとから、「八は、山の形です」と、こじつけたんですね。

11日になった理由

当初は、お盆(8月13日)前日の「8月12日」案が有力でした。お盆は休みにする会社が多いので、連休効果がでると思われていたようです。

ところが、8月12日は「日航機墜落事故」が発生した日です。

事故現場になった群馬県の議員、小渕優子元少子化担当相(群馬5区)から、「日航機墜落事故が起きた日をお祝いするのは違和感を覚える」という意見が出て、見送られました。ということで「8月11日」に決定したのです。

さすが、小渕優子さん。元総理の娘さんです。なので、「11が、木が立っているイメージ」も、後付けの理由です。

(参考 産経ニュース「海だ山だ、祝日多すぎる」慎重論もあった「山の日」 意義浸透が今後の課題」

次の祝日は?


「海の日」「山の日」とくると、次の祝日はなんでしょう?

簡単に想像すると「川の日」でしょうか。

日本は、自然が豊かです。海に囲まれ、山や川からたくさんの食材を手に入れることができます。と、考えると「川の日」もしくは「河の日」がないのはおかしくないですか?

国土交通省は、織姫と彦星が出会う「天の川伝説」にちなみ、1996年から7月7日を「川の日」としています。

七夕が国民の祝日になれば、こどもたちと空を見上げて、親子で会話する機会も増えますよね。いいと思うんだけどなぁ・・

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示