ホームグルメ ≫ 森永「塩キャラメル」はアマゾンよりダイソーがチョットお得。でも手作りキャラメルはもっとお得だよ!

森永「塩キャラメル」はアマゾンよりダイソーがチョットお得。でも手作りキャラメルはもっとお得だよ!


塩分が欲しくなって、ダイソーで森永の「塩キャラメル」を買いました。家に戻って密林(アマゾン)価格を調べてみると、ダイソーのほうがチョット(10円くらいですけど)お得でした。
キャラメル

でも、キャラメルは自家製が、もっとも安くてお得じゃないでしょうか。「キャラメル」作ったことありますか?

スポンサーリンク

キャラメルが手作りできるのを知ったのは、いまから40年前のこどもの頃です。

母がプリンのカラメルソースに失敗して、砂糖を焦がしてしまったんですね。鍋の砂糖が真っ黒焦げです。

母の知恵がすごかった!


「焦げた砂糖がもったいない」「漕げた鍋洗うの面倒」と思った母は、考えました。

「油入れれば鍋の焦げが取れるんじゃない?」と、サラダ油を入れて温めなおしました。

すると、真っ黒だった砂糖が茶色になってきたんだそうです。

「あれ?キャラメルみたいになってきた。食べれるんじゃない?」

「おーい!○○ちゃん」(わたしの名前)

「これ、食べり~」と、茶色い物体を食べさせられたんです・・

それから、わが家のおやつに「キャラメル」が増えたのです。

プリン作りの失敗作で生まれた「自家製キャラメル」のレシピは、ご近所さんにも広まりました。

クックパッドもない時代です、料理のレシピは口コミで広まっっていったんですね。

男子ですけどよく手伝わされたので、母のお菓子のレシピは今でも覚えています。今でもたまに「プリン」や「蒸しパン」は作ります。

最近プリンは嫁レシピ⇒原価50円の節約レシピ。プリンをトースターで作る方法

秘伝キャラメルの作り方


わが家に伝わる秘伝のキャラメルの作り方を紹介します。材料はたった3つです。

[材料(3人前くらい)]
砂糖(100g)・マーガリン(大さじ2)・牛乳(300ml)

[作り方]
1.材料を全て大きめのお鍋に入れる。
2.強火で沸騰させる。
3.弱火にして、混ぜる。
4.トロトロの固さになるまで、2~3を繰り返す。
5.ひとくちサイズにしてクッキングペーパーに並べる。
6.冷蔵庫に入れて冷やす。

書いてみて、母のレシピを思い出しました。今度「キャラメル」も作って嫁に食わせます!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示