ホームグルメ ≫ ブラジルにも輸出するダイソー自慢のキッチンスポンジ「ゴムピカ」をレビュー。油汚れの落ち具合は?

ブラジルにも輸出するダイソー自慢のキッチンスポンジ「ゴムピカ」をレビュー。油汚れの落ち具合は?


食器洗いのスポンジがなくなったので、ダイソーをのぞいてみました。パッケージに穴があって、「触ってもいいぞ!」と書いているスポンジを発見。商品名は、キッチンスポンジ「ゴムピカ」。ゴムの力で油汚れを落すのが自慢だそうです。
スポンジ表面

触ってもいいとは、よっぽど油汚れに自信があるんでしょうか?んじゃ、試してみようじゃないですか!

スポンサーリンク

キャッチコピーは、
「たっぷり泡持ちもっちりスポンジ」
「ゴム質特殊素材で、油汚れ・ヌルヌルまでシッカリピカピカ!」

パッケージをみていると見慣れぬ文字で説明が・・⇒ダイソーの商品説明に見慣れぬ文字が。日本語・英語と何語?

自信あり?手触りチェック


パッケージに穴が空いていて触れます。気になったので触ってみると、いいかんじ!気持ちよかったので、買ってみました。
スポンジ手触り

いかにも、油や汚れが落ちそうな気がしたんです。よっぽど、自信があるんでしょうね!

洗ってみたよ


まず、洗剤をつけて泡立ちをチェック!
スポンジ泡

少量の食器洗剤で泡立ちを確認しました。確かに泡立ちはいいようです。

ゴム面で、油のついたフライパンを洗ってみましたが、洗っている途中でキュッキュと音がしたので、油はキレイに落ちたようです。
洗った後にゴム面をみてみると、泡がなくなっています。
スポンジゴム面

これ、ゴムだから泡がなくなるようですが、ギュッと絞るとまた泡が復活してくれました。

長持ちするのがメリット


しっかり、型崩れのしないゴムでできているので、型崩れやボロボロになることがなさそうです。

ということは、長持ちするということですね。ゴム面よりスポンジ面のほうがダメになると思います。なので、スポンジがだめになったら交換のサインです!

使った感想


フライパンや油のついた皿を、ゴム面で洗うとキレイに落ちます。泡持ちがいいので、少量の洗剤でも10枚くらいの皿なら普通に洗えました。

汚れたもの洗っても、ゴム面は水で流すとキレイなものです。油汚れを落すスポンジとしては最高じゃないでしょうか!

でも、ゴム面で油のついていない食器を洗っていると落ちつかないんです。キュッキュという感じが、逆に気持ち悪くて・・

スポンジも使い分けするといいようです。このゴムスポンジは「油汚れ専用」として使います。普通の食器は、いつものスポンジで洗って使い分けしよぉ!

食器洗いスポンジも、用途によって使い分けの時代なんです!

せっかくなので、食器洗いのプロをめざすぞぉ!

と言っても、喜ぶのはだけですが・・(笑)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示