ホームおもちゃ ≫ こどものシャンプーキライ!が治る、ダイソー怪獣「あわドン」ってなに?

こどものシャンプーキライ!が治る、ダイソー怪獣「あわドン」ってなに?


こどもの頃、シャンプーがキライでした。父が無理やり洗ってくれるんですが、目とか耳に泡が入るのがイヤで大騒ぎしてました。こども時代に、ダイソーの100円オモチャ「あわドン」がいれば大騒ぎすることもなかったんですよ~!
お風呂

それどころか「もっとやって!」と、父にシャンプーのおねだりをしていたかもしれません。

スポンサーリンク

あわドンってどんなオモチャ?


原理は、シャボン玉と同じです。怪獣の頭をはずして、シャンプーやボディソープをつけて、あわドンの後ろにあるストロー穴から息を吹きかけます。
あわドン遊び方

すると、あらあら、泡だらけ!

シャンプーで、あっという間に頭が「あわあわ・泡~」になっっちゃうんです。「キャッキャッ」と騒いでいるうちに、そのままゴシゴシ頭を洗ってしまえばいいんです。

お風呂が快適になる100円グッズはこちら~⇒お風呂が快適になる100円グッズのまとめ

頭も体も、あわだらけ~


シャンプーだけでは満足しないこどもには、ボディソープでからだ中も泡だらけにしてあげましょう!
あわドン

シャンプーやからだを洗うのが、苦手でキライだったこどもでも、知らずしらずに「大好き」になります。清潔になることを教えるのには、いいオモチャですよ。

わたしのこども時代にも、あったらよかったのに・・。わたし、鼻水たらして袖口テカテカ光らせていた、昭和のキチャないこどもだったもので・・。

大変なのは、お父さん


このオモチャ、ストローで吹きかけて泡を出すのです。息を勢い良くふきかけないといけないので、お父さんは大変です。

こどもが喜ぶからといって、酸欠になるほどふかないでください。お風呂だと危険なので、ほどほどにしてください。

このオモチャ「あわドン」見つけた時、むかし父を一緒にお風呂に入って遊んだことを思い出しました。

親子で遊ぶのって、大人になっても忘れないのです。こどもたちと一緒に遊んで、いい思い出をいっぱいつくってあげましょう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示