ホーム気になるグッズ ≫ ダイソーの格安ベルトを買う前に気をつけるべき、たったひとつの注意点

ダイソーの格安ベルトを買う前に気をつけるべき、たったひとつの注意点


ベルトがボロボロになったので、ダイソーのベルトを試してみたくて覗いてみました。価格は100円から500円まであったんですが「ノーマルで安いのでいいや」と、良く考えずに買ったのです。
ベルトジーパン

商品は悪くなかったんですが、大失敗をしてしまいました。どんな失敗かと言うと・・

スポンサーリンク

サイズが合わなかったんです。てっきりフリーサイズだと思い込んで、良く確認しませんでした。ダイソーさんは悪くありません。確認しなかった私が悪いんです・・・

なんと、買ったサイズは「XL」です。最近太ってきたとはいえ、XLは大きすぎました。

100円のベルトはフリーサイズじゃない!


ダイソーで売っている100円ベルトのバックルは、着脱式じゃないんです。ベルトに直接縫いこむタイプ(写真左)なんです。
ベルト・バックル

着脱式のバックルだと思い込んで、長さは「切って調整すればいいや」と思っていたんです。よく考えると100円ですもの、高価な着脱式バックルなんて使っていなくて当然ですよね。

なので、ベルトを買う時は、必ず長さ・サイズを確認してください!

※300円のベルトだと、着脱式のバックルのようです。

わたしの衣料品はダイソーブランドに切り替わりつつあります⇒私のパンツは有名ブランド「ダイソー」。履きごこちは悪くない?

サイズ確認方法はこれ↓


帰ってきてからわかったんですが、ベルトのサイズはわかりにくいところに書いています。もっと分かりやすいところに表示してくださいよ~。ダイソーさん!

サイズは、商品ラベルの裏に書いていました。私が買ったのには「サイドステッチベルトXL」と書いていたんです。
ベルトラベル

この「XL」が、サイズを表現しているんです。よく見ればわかりますが、急いでいる時は、間違っちゃいそうです。

<注意>革製ではありません


1m近くあるので、革製で100円では提供できないのは、あたりまえです。

材質は「ポリウレタン」です。いわゆる「合成皮革」ですね。革に比べると、固いんですがベルトとしての用途に不安はありません。

このベルト。どうしたと思いますか?


長さが違うベルトを買ってしまいまったこのベルト、どうしたと思いますか?

1.返品・交換。
2.ベルトに穴を空けて調整。
3.古い着脱式バックルに交換。
4.捨てた。
5.ふかふか。そのまま使う。
6.XLサイズまで、太る。

どうしたかは、ご想像におまかせします。

みなさん!ダイソーでベルトを買う前に「サイズの確認」を忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示