ホームおもちゃ ≫ 塩って育つの?夏休みの宿題に最適。ダイソー/子ども実験シリーズ「塩を育ててみよう!」

塩って育つの?夏休みの宿題に最適。ダイソー/子ども実験シリーズ「塩を育ててみよう!」


子どもは夏休みの宿題があって大変ですよね。ほんと大人で良かった。ダイソーでは、夏休みの課題研究向けの商品が売られているんです。中でも気になったのが、「塩を育ててみよう!」という実験用品です。
塩パッケージ

塩って育つの?

スポンサーリンク

キャッチコピーがとっても気になりませんか?

ダイソー/子ども実験シリーズ


ダイソーの子ども実験シリーズは、全13種類あります。

No.1 モーターをつくろう!
No.2 スーパーボールロケットをつくろう!
No.3 月の満ち欠けをしろう!
No.4 まか不思議なアメーバをつくろう!
No.5 ホバークラフトのしくみをしろう!
No.6 不思議なシャボン玉をつくろう!
No.7 あなたもエジソン!電球のしくみをしろう!
No.8 塩を育ててみよう!
No.9 プラネタリウムをつくろう!
No.10 望遠鏡をつくってみよう!
No.11 アニメのしくみをしろう!
No.12 飛行機を飛ばそう!
No.13 今何時?日時計で答えよう!

全部気になるのですが、「No.8 塩を育ててみよう!」がとっても気になりました。だって意味わからないじゃないですか!

だって、実験に「塩」を使うんです。
塩説明

「塩」を使って、「塩を育てる」って、どういうこと?

塩を育てる意味


「塩を育てる」というのは、「塩の結晶を作ってみよう」ということだそうです。

地味ですが、YOUTUBEで塩が育つ動画を見つけました。

小さな塩の結晶が、どんどん大きくなっていく様子が録画されています。

わたしが子どもの頃、朝顔の成長日記をつけていました。そんな感じでしょうか?

塩の結晶の成長日記を、日々記録していく研究(?)のようです。

それにしても、不思議です。どうしたら「塩の結晶が成長するのかしら?」

実験方法が、とっても気になります。

ダイソーの子ども実験シリーズは、全部気になります。全13巻なので、全部揃えても1300円+消費税か。。

(妻には内緒で・・・)久しぶりに、オトナ買いしてみようかしら。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示