ホームトラブル・体験談 ≫ スマホが0円で使えるって本当?驚愕の価格破壊、ソネット0円SIMの衝撃。

スマホが0円で使えるって本当?驚愕の価格破壊、ソネット0円SIMの衝撃。


携帯電話をスマホに替えると高いので、電話はガラケーのまんまです。とはいえ、メールの確認とかはスマホが便利なので本体だけ買って月980円の格安回線を使って、2台持ちして安くすませているんです。あわせて3000円くらいです。
0SIM.jpg

ところが最近、月額0円で使えるSIMがSo-net(ソネット)から売り出されたそうなんです!

スポンサーリンク

昔々の大昔(とはいっても4年位前)。わたしは、ソネットがSIMの販売を開始した時の初期ユーザーです。

その時は、確か毎月4000円位払っていました。それが0円だと!?
0 SIM | So-net モバイルサービス

携帯電話会社のサービスが悪いのでソネットに替えてもいいかなぁ?⇒携帯電話の解約日に注意。たった1日で7000円も請求された驚きの理由とは?

なんで0円?


最初に3000円を払うと、あとは月間通信量500MBまで無料で使えるそうです。

500MB未満無料というのがミソ。その後100MB使うたびに100円が請求されるということです。

500MBとか言われても、ITに詳しい人でないと良くわからないですよね。それが、0円で提供しても儲かる仕組みなんです。

500MBってどれくらい使えるの?


これくらいです↓

WEB:約2000ページ
メール:約10万通
地 図:約700回表示
YOUTUBE:約40分

まったく、わからん・・?ですよね~。

妻が使う、ひと月の通信量は?


わが家では無線LANを使っています。なので、通勤時と仕事上で通信量を使用します。

妻は、ツイッター・フェイスブック・ライン・メール、たまにポケモンGOなどのゲームをしてます。これで先月は「800MB」位でした。

妻の使い方が、普通の使用量だと思います。つまり「500MB」だと絶対足りないのです。

最低限の使い方でも少し通信料が足りないので、不足分の「300MB=300円」がSo-netの売上げになると思います。

つまり、0円で使えるユーザーはほとんどいないのです。

とはいえ、さすがSo-net。親切です


とはいえ、500MBを超えそうになると「超えそうだよー」とメールがくるんです。さすが大手のサービス、親切ですね。

100MBずつ100円請求されますが、上限(5GB)まで使っても1600円ですんでしまいます。

妻の携帯代金は、毎月7000円ほどですが、電話はほとんどしないので、半分(3000円)以下になる計算です。

※重要 注意点は3つ


<ドコモ回線が使えるスマホ以外はダメ>

中古のスマホでもいいのですが、回線がドコモです。auとかソフトバンク製のスマホはダメです。

なので、ドコモ以外の人は新しくスマホを買わないといけないので、スマホを新しく買う必要があります。考えものですね。

<3ヶ月使わないと自動解約に!>

とっても重要。3ヶ月いちども使わないと、自動で解約されてしまいます。なので、机にしまっておくとヤバイです。気付いたら解約されているかも。最初の3000円が無駄になってしまいます。

<電話は+700円だが、1年縛り>

電話もできるんですが、月700円かかります。かけ放題じゃありません。1分20円です。

しかも1年以下の解約だと違約金が発生します。

売れすぎちゃったみたいです


売れすぎたせいでようか、2016年8月現在「0の付く日」しか申し込みできなくなっています。

うまく使えば、通信費0円で過ごせるソネットの「0SIM」

申し込みしようと思う人は、注意してくださいね。

どんな人に向いている?


メインの電話を持っていて、スマホやタブレットで読書する人におすすめです。

最近は、駅やマクドナルドで無料で無線LANが使えます。読書するのにスマホやタブレットを使い、無料LANスポットでネットを使えば、通信量はほとんど使いません。

わたくし、iPad用に買ってみようと思ってます。読書はほとんどiPadでしていますが、たまに電車で読み終わってしまうのです。次に読みたい本をダウンロードするのに、いいかなと思っています。

但し、雑誌はカラーが多くデータ量がすごいんで、小説とかテキスト系に限るんで注意が必要です。雑誌とかマンガのダウンロードは無料の無線スポットですね。

0円で快適に使う3つの注意点


・3ヶ月少しでも使うこと。
・ダウンロードは小説だけ。マンガや雑誌はNG。
・機内モードにして、勝手に通信しないようにする。

この3つを注意すれば、0円で永遠に使える読書端末のできあがりです。興味があれば、試してください!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示