ホームグルメ ≫ 子ども向けキャラメルコーンは、大人にこそおすすめ。子ども向けのお菓子をすすめる4つの理由。

子ども向けキャラメルコーンは、大人にこそおすすめ。子ども向けのお菓子をすすめる4つの理由。


ダイソーのお菓子コーナーで、アンパンマンキャラメルコーンを発見! 子ども向け商品と思わずに、食べてみてください。大人にこそおすすめのお菓子なのです。
アンパンマン0

甘いお菓子が食べたくなったら、我慢しますか? 我慢はからだに悪いです。子ども向けのキャラメルコーンは、そんなあなたの救世主なのです。

スポンサーリンク

大人にすすめる4つの理由


その1.4つの小袋
子どもはたくさん食べれません。なので、4つの小袋に分かれています。

レギュラーサイズは1袋80gですが、小袋1つは10gしかありません。食べ過ぎ防止になるんです。

かっぱえびせんもおすすめ⇒1才児向けの「かっぱえびせん」を、大人が食べてもいい理由。

その2.小粒になってます
子どもの口にあわせて、小粒になっています。溶けやすく食べやすいです。胃の中で、すぐに消化しますよね。
アンパンマンこつぶ

その3.ピーナッツ抜き
ピーナッツが入っていません。ピーナッツアレルギーの心配はしなくていいです。コレステロールも低くなるので、太る心配も減りますね。
アンパンマンピーナッツぬき

その4.ミルクカルシウム入り
大人になると、カルシウム不足が心配です。こども向けのキャラメルコーンには「カルシウムミルク」が入っています。不足がちなカルシウムも採ってください。
アンパンマンミルクカルシウム

食べてみた


食べてみると、味は普通のキャラメルコーンと同じ味でした。乳幼児には少し濃い味かもしれません。大人が食べる分には、良く知っている味なので安心ですよ。

アンパンマンのキャラクターに騙されますが、食べたい時に食べても少量ですみます。子ども用なので、栄養も考えて作られています。

キャラメルコーンは、今年2016年で25歳になります。是非、大人のあなたに食べてもらいたいなぁ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示