ホームトラブル・体験談 ≫ 靴に負けるな! セリアの足指保護パッドでお気に入りの靴を履く方法。

靴に負けるな! セリアの足指保護パッドでお気に入りの靴を履く方法。


お気に入りの靴を買ったのに、靴ズレして嫌な想いをすることがあります。嫌な想いをした靴を履こうとすると、靴ズレの記憶を思い出して履くのに勇気が必要です。
靴ずれ

高いお金を出して買った靴が、靴箱にお蔵入りしていては、もったいないです。セリア足指保護パッドがあれば、靴ズレを気にせず安心して履けるかもしれません。

スポンサーリンク

靴ズレの原因


靴ズレは、靴と足が摩擦によって足の皮がむけたり、水ぶくれができることを言います。

<靴ズレが起きる原因>
・靴の素材が硬い。
・靴のサイズがあっていない。

靴ズレを起こす場所は様々ですが、良く発生するのは、指、くるぶし、くるぶしだと言われています。

足指保護パッドは、その名の通り足指を保護するものなんです。

3種類ある足指保護パッド


足指保護パッド


<足指保護サック>
サックという名前の通り、指にはめるものです。小指にはめておけば、靴と指がすれるのを保護してくれます。
足指サック説明

ハサミで簡単に切れるので、長さの調整も簡単です。色は、肌色なので目立たないのも○(まる)。

先の細い靴を履いた場合に、指同士がすれて痛いときにも使えます。

<親指周りクッションパッド>
親指周りの靴ズレには、このクッションがおすすめです。親指にはめるリングが付いているので、ズレにくくなっています。
親指クッション説明

左右2個入りなので、右足でも左足でも使えます。

<足裏保護用パッド>
靴底が薄いと、足裏が痛くなって歩くのがつらくなります。このパッドをつけると、クッションになって足裏が痛くなるのを防いでくれます。
足裏保護説明

指にひっかけるタイプなので、靴に貼るタイプよりズレが少なくて○(まる)です。

マメや足指のケガにも使える


足指パッドの本来の使い方は、ケガしたところを守ることです。靴ズレができてしまうと、歩きにくく、普段の生活にも影響してしまいます。

お蔵入りした靴を履いて靴ズレ防止にも使えますが、本来の用途の「足指のケガ」に使うのが、最も効果的なんです。

絆創膏と同じような感覚で、救急箱に入れおきませんか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示