ホームスマホ関連グッズ ≫ じどり棒が、ダイソーで売ってるって本当なの?100円ショップで欲しいもの

じどり棒が、ダイソーで売ってるって本当なの?100円ショップで欲しいもの


ある情報筋より、ダイソーじどり(自撮り)棒が売っているという噂を聞き、真相調査にでかけました。
じどり00

昨年話題になり、電気店では安いものでも1000円以上するじどり棒。そんなものまで100円ショップで売っているのか?もし、本当に自撮り棒が100円で買えるのならば、アラフィフでも、おじさんでも使ってみたいものです。

その結果は。。。本当に売っていました

スポンサーリンク

東京ディズニーランドでは使用禁止になりましたが、USJではまだ使ってもいいそうです。帰省(大阪)した時、姪っ子に自慢できるではないですか!

姪っ子にこだわる理由は⇒「サクラサク」って、いつから使われはじめたんですか? トリビアの森シリーズ

売ってはいましたが。。。


じどり01

長さは、約22~78cmと自由自在。持ってみたところ、重さも軽く、クリップにスマホを挟むだけなので操作も簡単です。

スマホクリップは脱着式なので、はずして手持ちの3脚につけることも可能です。便利です、良いです。

「買ってもいいな~」と、価格をみると、な・なんと。さ、さんひゃくぅ、300円なのです。100円じゃないじゃないですか。

し、しかも「別売 リモートシャッターとあわせてつかってね」と優しく説明書きがありました。つまり、じどり棒だけでは用を足さず、別売のリモートシャッターも買わなければならないのです。合計400円!

100円しか使えない、たくたくには無理です、買えません。姪っ子へ自慢している姿は、つゆと消えてしまいました。

でも、めげません。

リモートシャッター。いいじゃないか!


別売のリモートシャッターは、100円で買えるようです。コードの長さも1.5メートルもあるので、家族写真を撮るのに誰かが犠牲になる必要はありません。

ということは、「おじさん、いい物もってきたね!」と姪っ子に言ってもらえる可能性が残っているじゃないですかっ。

などと、勝手に妄想を膨らませ、一転100円ブロガーの面目躍如。じどり棒のパーツの一部であるリモートシャッターだけを買いました。
じどり02

自宅に帰り、さっそくiPhoneにつないで撮影してみましたが、きちんとシャッターも押せて写真も撮れました。(あたりまえか)

大阪に帰省する時までには300円貯めて、じどり棒も買おうと誓うたくたくでした。はたしてたくたくは、姪っ子に褒められることができるかどうか。その結果は、また後日。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示