ホームグルメ ≫ 独身時代に売ってれば・・ダイソーのフライパンは新生活にピッタリ!

独身時代に売ってれば・・ダイソーのフライパンは新生活にピッタリ!


お金がなかった独身時代(今もないですが・・)に、今のダイソーがあれば食生活がもっと贅沢だったのに。。
フライパン

最近ダイソーに行くと、調理道具の充実ぶりに目を見張ります。22cmの大きなサイズのフライパンまで出現しました。値段はちょっとお高めですが、ひとり暮らしには十分ですよ。

スポンサーリンク

2種類のフライパン


サイズ違いで2種類のフライパンが売っています。
フライパン22cm

14cmのフライパン
14cmサイズの価格は、200円。ひとり暮らしにピッタリサイズ。目玉焼きとか、スクランブルエッグとか簡単な料理しか思いつかないですが、ちょこっと料理するには軽くて良いサイズです。

22cmのフライパン
22cmは夫婦2人のわが家でも良く使っているサイズです。価格は400円。炒め物など、鍋を振って調理するにはこのサイズが必要です。

独身生活は、野菜が不足しがちなので野菜炒めとかが簡単に作れます。友達がきた時なんかは、多くの量が作れるので、ひとり暮らしでも持っていて損はないです。

使い方に制限ありますよ~


さすがに、最近発売されているフライパンに比べると、見劣りします。

・ガスコンロ専用で、IHには使えません。
・コーティングは、フッ素(テフロン)加工。

IHが使えないのはしかたがないのですが、コーティングはフッ素(テフロン)加工されています。ですが、フッ素(テフロン)加工のフライパンは、「熱に弱く」「磨耗する」のです。

最近のフライパンは、「ダイヤモンドコート」「マーブルコート」「セラミックコート」なんかの新素材が主流になってきています。

なので「フッ素コート」は、古くて安くなってきたんです。

単身赴任やひとり暮らしには大満足


とはいえ、鉄のフライパンだけだった時代から考えると、「フッ素コート」のフライパンが出たときは驚きました。

フライパンが焦げつかないので、洗うのがすごく楽でしたもん! 

どんだけ料理するかわからない、単身赴任や学生のひとり暮らし始めるなら、ダイソーのフライパンで十分ですよ!

だって、新生活始めるのってすっごくお金がかかります。わたしがひとり暮らし始めた時は、フライパンなんてなかったもん・・・。

わたしの様に、最初に高い調理道具を買っちゃうと他の道具が買えなくなります。

家族の単身赴任や子どもの新生活は、まず100均ショップで調理道具を揃えましょう!

料理が楽しくなって、自炊生活&節約生活するようになってきたら、ちょっと高い調理道具を揃えるのは「アリ」ですよ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示