ホームレジャー・防災用品 ≫ ダイソーの300円リュックサックが防災バッグに最適な理由とは?

ダイソーの300円リュックサックが防災バッグに最適な理由とは?


2016年10月22日、鳥取県で震度6弱の地震が発生しました。被害に遭われ今も困難に直面している方々へ心よりお見舞い申し上げます。
リュックサック

2016年は、4月の熊本地震など大きな地震が続いています。わたしも、阪神淡路・東日本と2度の大きな震災を経験しているので、地震の怖さと備えの必要性を改めて痛感しています。

防災バッグの中を再チェックしつつ、防災バッグをダイソーの300円リュックサックに交換しました。

スポンサーリンク

信じられますか? リュックサックが、300円ですよ!

とはいえ、さすがに生地は薄くて、透けて中が見えてしまいそうです。毎日使うには無理があるかもしれません。

けれど、薄さには軽いというメリットがあります。なので、防災バッグに使いましょう!

イザというときの防災バッグなら、薄さ軽さがメリットで、身体への負担が少なくて、とっても嬉しいんです。

防災バッグの中に入れるものはこんなもの⇒レジャー・防災用品カテゴリ

防災バッグは複数準備しましょう


防災バッグはひとつだけだど不安です。わたしの家は2LDKのマンションなのですが、置き場所が被災すると防災バッグを持ち出せません。

たとえば、リビング・キッチン・ドア付近など複数個所にバッグを置けば、最低ひとつは持ち出せる可能性があります。

いくら準備していても、持ち出しできないと意味がありません。

300円のバッグなら、複数買っても負担は少ないのです。
リュックサック4種


リュックサックは両手が使える


リックサックの最大のメリットは、両手が使えることです。

災害現場には、いろんな危険が潜んでいます。歩いていてコケそうになったり、落下物から頭を守ったり、両手が使えるリュックサックは、危険を減らすことができるます。

わが家の防災バッグは、使い古したリュックを使っています。使わなくなった理由は、ボロボロになったからです。破れた箇所もあったので、これを機会に買いなおしました。

2度の震災体験を通して・・


地震はいやです。でも、日本に住んでいる限り、いつ・どこで被災するかは、わかりません。


KindleStore・Koboなど電子書店で『東京防災』が無料配布中。地震・災害に備えてダウンロードしましょう

「防災意識は常にもっておかないと」と思っています。自分のことは自分で守らないと、と思っています。

でも、阪神のときも、東日本のときも感じたのですが、日本人は本当に優しい・・。

自分のことより、他人を思いやることを優先する、その国民性がとっても素敵です。だから、わたしは、日本が、日本人が大好きです。

日本に生まれてきて、ほんとうによかったと思います。あなたはどう感じていますか?

困っている人を手助けするためにも、軽くて、薄くて、透けるけど、ダイソーの300円リュックサックを準備して、災害時に備えておくます!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示