ホーム気になるグッズ ≫ ネクタイ忘れても安心です。ダイソーブランドのネクタイは全品100円!

ネクタイ忘れても安心です。ダイソーブランドのネクタイは全品100円!


普段どおりのノーネクタイで、出社しから気がつきました。「今日はお客様の訪問日だった!」

いくらなんでも、ノーネクタイはまずいでしょう・・。 なら、
ネクタイした男性

そうだ ダイソー、行こう。

スポンサーリンク

どこかで聞いた名フレーズ。旅は京都。探し物はダイソーなのです。

ネクタイ安いよ!


みてくださいよ。定番柄のネクタイがあるじゃないですか。いわゆる、無難なデザインです。
ダイソーネクタイ陳列

だって、今日は謝罪の日なのです。おもしろくもなんともないのですが、普通がイインです!

ということで、1本買ってお客様に訪問しました。

使い心地も・・普通です


ネクタイの素材は、手触りの良い綿が好きなのですが、ダイソーのものはポリエステル100%です。
ネクタイ100円

手触りはツルツルですが、普通締めることができました。

不便はなく、定番が多いので10本買っても1000円です。なら、10本くらい買っておこうかな」と、考えるようになってます。

なぜか、それには理由があるんです・・。

ネクタイそんなにいらないじゃん・・でも。


そうなんです、ひと昔前は普通にネクタイしていました。ネクタイしていないと、失礼だといわれた時代もあったんです。

ところが最近は、節電対策でノーネクタイが普通になりました。ネクタイせずに、会社でも客先でもOKなんです。

OKなはずだったんですが・・・。

数日前、会社にクレームの手紙がきたんです。

「先日来た人、上着も着ず、ネクタイもせず、ワイシャツ腕まくりして失礼だった(怒)」

上着とネクタイは、まだまだ必要なのです


上着していないのは事実ですが、ネクタイもしてたし、ワイシャツも長袖のボタンは留めていたんです。

しかも、同席者の方はきちんとスーツ着ていたのですが、クレームはスーツを着ていた同席者●●を名指しで・・。

わたしのせいなのに、同席者の●●さんは、笑っていました・・・が、

「ごめんね、●●さん」

そのクレーム手紙をよこした方は、60歳手前の役員でした・・。

エコな時代に、上着着ていないだけでクレームする時代が、まだまだ残っています。昭和は、まだまだ続いているんです。

---
高価なブランド物のネクタイは、今の時代は必要ないとは思います。ですが、こんな目に会うことも、ないとは言えません。

なので、昭和の時代に出会うときは、理不尽なクレームを受けないように、上着とダイソーの100円ネクタイを準備しておいてくださいね!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示