ホームグルメ ≫ さじ加減が難しい美味しいお茶の分量は、セリアのティースプーンがあれば心配なしなのです!

さじ加減が難しい美味しいお茶の分量は、セリアのティースプーンがあれば心配なしなのです!


紅茶や緑茶を計るのに便利なティースプーンですが、セリアには陶器・木製・金属製と、いろんな素材のティースプーンがありました。
茶さじ

正確な分量が測れれば、いつでも好みの味が再現できて、いつでも好みの味が再現できます。しかも素敵なティースプーンで、お茶をいれたらティータイムが、もっと楽しくなると思いませんか?

スポンサーリンク

ティースプーンってなに?


ティースプーンは、英語表記で「Teaspoon」と書きます。直訳すると「お茶のスプーン」と言う意味で、小型のスプーンのことです。

日本には、お茶を量る「茶さじ」というものもあります。同じようなものでしょうか?

ティースプーンといえば、アメリカでは小さじのことを言いうので、約5mlです。

茶さじは、料理のレシピでは小さじの半分(1/2)のことを言います。小さじが約5mlなので、約2.5mlですね。
ティースプーン3g

ですが、セリアのティーメジャーの分量には約3gと書いていました。グラム? ミリリットル? 料理の世界は、大体・・なので、細かいところは気にしないでおきましょう (゚∀゚)

みた目も楽しい茶こしはこちら⇒ティーポットがカップに入ってる!驚きのティーグッズがセリアにあったよ。

素材によって呼び方が違います


ティースプーン

陶器製(写真左)

パッケージにティースプーン(TeaSpoon)と書いています。持ち手がティーポットなので、間違えることはないですよね。

金属製(写真中)

ティーメジャーと呼ぶみたいです。直訳すると「お茶計り」ですか・・。ティースプーンのほうがおシャレなのに、なんでメジャーにしちゃったんでしょうか?

木製(写真右)

茶さじと書いています。木製だから「和」のイメージなんでしょうか? 海外でも木製のティースプーンはあると思うんだけど・・。

呼び方が違うとはいえ、目的も分量もほぼ同じものです。あとは、好みの飲み物とカップで選べばいいんです。わたしは、やっぱり、「木製」かなぁ

実物みると、とっても小さくてカワイイんです。用がなくても、親指と人さし指でつまんで遊んでしまいそう・・です。

--
ティータイムを楽しむスプーンですから、このスプーン「何グラムかな」なんて、細かいことは気にしなくて良いと思います。

それより、デザインが好みかどうかで選びましょうよ! 100円だから気軽に楽しめます。新商品がでたら、また買えば良いじゃないですか!

お気に入りのティースプーンでいれた、美味しいお茶を飲みながら、素敵なティータイムを過ごしてください!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示