ホームグルメ ≫ 氷を入れずに飲み物が冷える、ダイソーの不思議な石を紹介するよ。

氷を入れずに飲み物が冷える、ダイソーの不思議な石を紹介するよ。


冷たいドリンクが飲みたいのに、冷蔵庫にドリンクが入っていなくてガッカリ。氷を入れて急速冷凍できるけど、味が薄くなって残念なことに・・。って、そんなことってありませんか?
花崗岩石

これから紹介するダイソーグッズは、ドリンクが冷たくなるけど、味は薄くならない不思議なグッズです。氷じゃなくて、石なんです。

スポンサーリンク

不思議な氷石の正体は?


ダイソーの「ストーンキューブ」というグッズなんですが、名前の通り「四角い石」なんです。

その石の正体は、花崗岩(かこうがん)。花崗岩は、御影石(みかげいし)とも呼ばれ、墓石に使われているので知っていますよね。
熱をお盆の季節に墓参りしたとき、墓石を触ってみると暑くないので試してみてください。
花崗岩説明

冷蔵庫で冷やしたこの石を、氷のかわりにドリンクに入れると冷たくなるというわけです。石なので、溶けることがないので、味が薄まらないわけですが、なんで石でドリンクが冷えるのか?

2層ドリンクを作って使てみては?⇒自宅が高級カフェになる、セリアのドリンクグッズが素敵だよ。

ドリンクが冷える理由


花崗岩

花崗岩は、すっごく固いんです。固いのは隙間がないから、隙間がないと冷えにくく温まりにくい。

つまり、冷蔵庫でキンキンに冷やしてドリンクにいれると、いつまでも冷たい石が、ドリンクの温度を下げてくれるんです。

固くて加工しにくい花崗岩を、氷サイズに加工した「ストーンキューブ」は、4個入りで100円です。

1コップに2個も入れれば十分なので、2人用なら1セットで十分です。

急に冷たいドリンクが飲みたくなっても、「ストーンキューブ」を冷蔵庫に入れておけば大丈夫!

冷蔵庫のスミにこっそり入れた4つの石が、熱くなった心を癒してくれるんですよ。

太古を歴史に想いを・・


花崗岩(かこうがん)は、カンブリア紀に作られた岩石といわれています。カンブリア紀は、約4200万年前から4億8830万年前という大昔のことなので、想像できないほど大昔のことなのです。

そんな大昔の石を掘り出して作られた「ストーンキューブ」を見ていると、自分の抱えている悩みなんて、ちっぽけなものだと思ってしまいます。

太古の歴史に想いを馳せて、冷たくて美味しくなったドリンクを、1杯飲んでみようじゃないですか!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示