ホーム気になるグッズ ≫ ダイソーのボトルオープナーは1つで4役って、お得なの?

ダイソーのボトルオープナーは1つで4役って、お得なの?


1つで何通りにも役に立つグッズと言われると、つい買ってみたくなりませんか? そんなマルチグッズを、またダイソーで発見しました。
栓抜きと缶きり

ボトルオープナーというグッズですが、パッケージに「1台4役のスグレモノ!」と書いています。4種類のボトルを開けることができるそうですが、はたして・・・。

スポンサーリンク

1つでxx役というグッズには、昔から興味があります。小さくてコンパクトなのに、イザという時に役に立つ。だから、こんなグッズが大好きなんです。⇒防災バッグにもうひとつ。ダイソーの6徳ナイフは頼れる男の証明か?

では、家にあるボトル類を準備しました。
・ビンビール
・ベーキングパウダー
・缶ジュース
・缶詰め
・ビン詰めジャム
・ワイン
ボトルオープナー

開けられたもの


家にあるのは、これくらいでした。では実験してみましょう!

<ビンビール>
栓抜き機能はついていました。当然ですね、最低条件はクリアです。

<ベーキングパウダー>
これは便利でした。パンを作ろうと缶のフタを開けるのに、いつも苦労してました。

これがあると、力もいらず、とっても簡単に開けられたので◎(二重丸)です。

必要なかったもの


最近の缶詰や缶ジュースは、手で簡単に開けられるので、グッズ自体が必要ありませんでした。

<缶ジュース>
缶の穴あけ機能が、4つの機能のひとつ。ですが、最近の缶ジュースは手で開けられます。

30年くらい前の缶ジュースには必要でしたが、今では必要ないのでは? たまにお歳暮やお中元で、穴あけが必要なジュースをいただくことがありますが・・。いつの時代じゃ?

<缶詰め>
缶切りも、機能のひとつです。缶詰めも、手で簡単に開けられる時代です。

う~ん・・。

開けられなかったもの


ボトルオープナーになくって、開けられなかったものは、こんなものです。

<ビン詰めジャム>
カチカチに締まった、ビンのふたを開ける機能はありません。

ビンのふたを簡単に開けられるグッズは、別の場所に売っています。残念ですが、ジャムのふたは、このグッズでは空けられません。

<ワイン>
ワインオープナーの機能はないので、ワインの栓は開けられません。

ボトルオープナーという名前なので、ワインボトルを開ける機能はつけてもよかったのでは?

使ってみた感想


使ってみると、今の日本で使えるのは、「栓抜き」と「缶フタあけ」の、2つの機能だけでした。
ボトルオープナー説明

残りの「缶切り」「缶穴あけ」は、ほとんど使う機会がないと思います。ひょっとすると、海外ではまだまだ使えるかもしれません。ですが、海外旅先に持っていくことは、なさそうだし・・。

栓抜きとしての機能だけだと、この商品はサイズが大きくて場所もとるので、わが家はいらなかったかなぁ・・。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示