ホーム気になるグッズ ≫ ダイソーの「男の防寒シリーズ」は「俺の」レストランを意識してると思うんだけど??

ダイソーの「男の防寒シリーズ」は「俺の」レストランを意識してると思うんだけど??


ダイソーの防寒グッズの新ブランド「男の防寒」シリーズですが、名前を聞いた瞬間「俺の・・」レストランのマネじゃん! と思っちゃいました。権利的には、男の「レストラン」と、ダイソーは「衣類」で違いがあって、なんにも問題ないんだが・・・。
男防寒0

絶対意識してるよね、というニオイがプンプンします。「男の・・」っていう名前が格好良くって、名前だけで買っちゃいそうです。名前って大事だね。

では、ダイソー「男の防寒」シリーズをご紹介します。

スポンサーリンク

わたしの衣類に、またダイソーブランドが増えそうです。パンツワイシャツネクタイベルト靴下・・そろそろ、ファッションショーができそうです(笑)

男の手袋


寒い冬でも男たるもの、家族のために外で働かなければなりません。手が冷たくて動かないと、家族のために働けないのです。

フリース手袋

フリースはユニクロが使ったことで一躍有名になりました。安くて、軽くて、肌触りが良いのでよく買っています。ユニクロのおかげで、かなり普及した素材なので、お値段も安くなってます。
男フリース手袋


シンサレート手袋
シンサレート素材の手袋は300円です。
男シンサレート手袋


シンサレートは、住友スリーエムが開発した新素材です。スキーウェアを中心に使われていた素材なので、スキー手袋を想像するといいかも。スキー手袋と違い、防水加工はされていないようです。

シンサレートは羽毛の1.8倍も暖かく、シンサレート布団も販売されています。フリースほど普及していないこともあり、少々お値段が張るようです。

男の帽子


男が冬に帽子をかぶるのは、頭の防寒じゃなくって、耳の防寒が目的です。耳が冷たくなると、からだが冷えて、行動が鈍くなるからです。

女子なら、可愛い耳あても似合うのですが、男子は気持ち悪いだけ。男なら、帽子で防寒ですよ!

ベーシックニット帽

定番、安心のニット帽。短いですが頭と、耳までなら十分防寒できるので問題なしです。
男ニット帽


長めのキャップ

長めの帽子は150円です。スッポリかぶっても良し、折り曲げてかぶっても良し。気温や風の強さにあわせて、自由自在にサイズを変えることができ、とっても便利です。
男長めのキャップ


男の防寒 その他


ネックウォーマー

首周りの防寒具、ネックウォーマーは200円
男ネックウォーマー

頭からスッポリかぶるタイプです。これがあれば極寒の日でも大丈夫!かな?

メンズアンゴラ入りソックス

アンゴラって素材も知らなかったんです。動物繊維の一種で、アンゴラヤギやアンゴラウサギの毛だそうです。
男ソックス

軽くて、手触りがいいのが特長。動物の毛が入った分、ちょっとお高めの150円

暖かくって、男子にはとっても嬉しい「男の防寒」シリーズですが、妻には内緒にしておこうと思います。だって、これ以上、わたしの衣類がダイソーブランドにしたくないから・・。

けど、あなたにそっと教えます。旦那さんや、彼氏にプレゼントしてみてください。ダイソーぐっっずだけど、きっと喜ばれますよ(笑)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示