ホームグルメ ≫ お米をお湯で研ぐとご飯がまずい!ご飯がおいしく炊けるダイソーグッズをみつけたよ。

お米をお湯で研ぐとご飯がまずい!ご飯がおいしく炊けるダイソーグッズをみつけたよ。


冬になると水が冷たくって、お米をお湯で研いでませんか? 冷たい水で手がガサガサになるのがいやで、わたしもつい、お湯で研いでしまうんです。
ご飯

でも、お湯でお米を研いじゃうとご飯がまずくなるんです。なので、お米は水で研ぐのが正解なのです。「え~やだ~」と言ったあなた! ダイソーの「米とぎ棒」は、手をぬらさずにお米が研げるグッズなんです。

スポンサーリンク

お湯で研ぐとまずくなる理由


なんで、お湯で研ぐとお米が美味しくないのかわかりますか?

1.くさい糠(ぬか)のニオイを吸収するから

お米を研ぐのは、糠を洗い落とすのが目的です。なので、お米を研いで糠(ぬか)のニオイを落とすつもりが・・・。

お湯で洗うと、洗い落とすより早く、お米が糠のニオイを、どんどん吸収してしまうんです。

2.お米の旨みがお湯で溶けちゃうから

お米は、温度が上がると旨味がたくさん出てきます。お米をお湯で研ぐと、その旨みがお湯の温度で、溶けだしちゃいます。

せっかくのお米の旨みが、お米を炊くときにはなくなっているなんて、残念(泣)

3.お米が割れて食感が悪くなるから

お湯で研ぐとお米の外側がふやけて、研いでいる途中でお米が割れてしまいます。

割れたお米を炊くと、中のデンプンがまわりのお米にくっついて、ベタベタしたご飯になっちゃいます。ふっくらした美味しいご飯が炊けないんです。

手をぬらさず、水でお米が研げるといいんです!


お湯でお米を研ぐのはダメ。っていう理由はわかったけど、真冬の水は冷たいし、どうすればいいの?

そこでダイソーの「米とぎ棒」の出番です。ジャジャン!
米とぎ棒

計量カップの先端に、お米を研ぐ指のような器具がついた単純な構造です。

【使い方】
1.1/2合の計量カップでお米を計って、
2.お米が浸かる程度にをいれ、
3.米とぎ棒の先端で、お米をシャカシャカ
4.水を捨て、2~3を繰り返し、
5.水が透明になってきたら、米研ぎ終了。
米とぎ棒説明

水を捨てるとき、水に手が触れないようにするのが、難易度が高いかも。

でも、また水入れて洗うので毎回、水を完全に捨てる必要はないのです。お米が流されない程度に水を捨て、また洗えばいいんです。

最後に炊飯器に入れるとき、洗い水が多少残っていても気にしないでいいですよ。そのまま水ごと炊飯器に入れちゃいましょう!

お米が美味しく炊けると、なんでも美味しい!


わたしなんて、お米がおいしいと玉子かけご飯で十分。あ、納豆ご飯だけでも大満足なんです(関西人ですけど、納豆食べられますよ)。

100均グッズでおかずも上手に作れます⇒魚焼きシートで冷凍した鮭(サケ)を焼いて、何分かかるか試してみた。

主食のお米が美味しいと、おかずも美味しいと思えるんです。そう思いませんか?

100円で毎日美味しいご飯が食べられるって、なんて幸せなことでしょう!

水が冷たくなる前に、ダイソーの「米とぎ棒」を準備しおきましょう。

美味しいご飯で、家族全員ハッピータイム!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示