ホームレジャー・防災用品 ≫ 幹事を任されたら必見!お花見、海水浴、キャンプなどレジャーに必要な準備品ベスト10

幹事を任されたら必見!お花見、海水浴、キャンプなどレジャーに必要な準備品ベスト10


まだまだ肌寒い日が続きますが、そろそろお花見の季節がやってきました。

我が家も隣の家族とお花見にでかけることになりました。
花見イメージ

お花見にでかけるのはうれしいのですが、「あんた幹事な、必要なもの安く揃えておいて!」と妻に命令されました。

いつものことですが、妻は男前で気前よく面倒ごとを引き受けてくるのですが、結局はわたしのお仕事になるのです。

安くということなので、100円ショップで購入するものが多くなりそうです。

まずは、お花見に必要なものリストをつくってみました。

スポンサーリンク

お花見に必要なものリスト


1.食器類
お弁当を入れる容器、お皿と紙コップ・おはしは必須。疲れて帰るので、荷物を減らしたいとう要望。紙容器にする必要がいいですね。

食器類を買いに行きました⇒お花見用の紙食器選びは、ダイソーだけで十分だった理由

2.レジャーシート
おとな4人こどもひとりの5人ですが、荷物も置くことを考えると、結構大きめのサイズにしたいところです。
地面が冷たいと思うので、地熱が伝わらないシートがよいですね。準備できない場合は、新聞紙やダンボールを敷くのも効果があります。

レジャーシートを買ってみました⇒セリアとダイソーで100円レジャーシートを比較して買ってみました。

3.布テープ
風が強いとレジャーシートが飛んでしまったりするので、布テープを準備しておくと「さすが幹事!」と喝采を浴びるかもしれません。紙テープだと後々はがしにくいので、少量でもよいので布テープがベストです。

布テープが良い理由⇒お花見にはガムテープではなく、布テープを持っていくといい理由

4.ウェットティッシュ
水道がない場所が多いので、手を拭いたり、汚れを落としたりするのに必須です。少し多めに準備しておきましょう。

いろんな種類がありました⇒100円ショップで買える、おすすめのウエットティッシュ

5.タオル・ハンカチ
手を洗ったり、汗をかいた場合に不便な思いをしないように、幹事としては忘れずに予備を準備しておきましょう。

6.ゴミ袋
自分たちが出したゴミは自分で持ち帰るのがエチケット。破れやすいので2枚重ねにするのがベストです。

ゴミは自分で持ち帰りましょう⇒お花見後のゴミ処理ってどうすればいいの? の疑問にお答えします。

7.防寒用品
花見の季節とはいえ、まだまだ肌寒いかもしれません。出かけるときは暖かいと思っても、大きめのブランケットなどを準備しておきましょう。

8.筆記用具・メモ
筆記用具は忘れがちですが、隣の花見客と仲良くなって連絡先を交換する時に必要です。最近はスマホなどがあれば十分かもしれませんが、酔っ払っているときなんか、紙とペンのほうが早いです。

濡れてもOKなメモ帳を買いました⇒ダイソーで買った、石製の100円メモ。”水に濡れてもOK”って本当?

9.胃腸薬・絆創膏
何もないにこしたことはないですが、いざという時にもっていると役立ちます。幹事としては持っていくべきでしょう。

10.小銭(100円玉・10円玉)
近隣にお店がないかもしれません。自動販売機はあちらこちらにある場合が多いので、小銭を準備しておきましょう。

100円玉って?⇒硬貨のトリビア これから100円玉の話をしよう

お花見まで、あと10日


お花見の日まであと10日あるので、毎日少しずつ準備しようと思います。

家の在庫を調べて、足りないものは100円ショップでそろえます。

なにせ妻には、「あなたのお小遣いで準備してね。」といわれてしまったもので。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示