ホームスマホ関連グッズ ≫ iPhoneでお財布いらずはうそ。ApplePay(アップルペイ)の真実とは?

iPhoneでお財布いらずはうそ。ApplePay(アップルペイ)の真実とは?


お財布

iPhoneが新しくなって、ApplePay(アップルペイ)が使えるようになりました。

これで定期(スイカ)やTポイント、クレジットカードなど、カードで財布がパンパンにならなくてすむと、喜んでいたのですが・・。

実際iPhoneが元気なときはいいんですが、元気がないときはダメなんです。元気がないときっていうのは・・。

スポンサーリンク

バッテリーが切れたときなんです。iPhoneの電源が入っていないと、ApplePay(アップルペイ)は使えない事がわかりました。

つまり、バッテリーがきれちゃうと、電車も乗れないんです。

電車に乗れないならお金で切符を払えばいいんですが、問題は改札を出るときです。

電車にのっているとどうしてもスマホを触ってネットや音楽、本と楽しんでしまい、バッテリーを消耗しがちですよね。で、降りるときにバッテリーが切れちゃうと・・・。改札が通れないのです。

カード型のスイカだと、元々電池がないので、気にしたことなかったのですが、iPhoneのApplePayはアプリで管理しているので、バッテリー切れでアプリが起動しないと、アウトなんです。

アンドロイドの端末やガラケーのお財布携帯だと、バッテリーが切れても大丈夫だったのに・・。残念です。

やっぱり、iPhoneをお財布携帯替りにするのは、まだまだ無理なようなのです。

100均グッズでiPhoneをお財布携帯にしたい


iPhoneをお財布携帯にするグッズは、以前からダイソーで手に入ります。簡単なのは、手帳型のスマホケースを使うことです。

iPhoneの手帳型ケースはいろいろみつけてきました。↓↓
iPhone6s手帳型ケースが200円。ダイソーxガールズトレンド研究所の新商品が衝撃価格!

スマホケース対決! 100均と雑誌の付録はどちらが良いのか?

手帳型だと、分厚くなるしキライだ。というあなたには、こんな方法はいかがでしょうか?

手帳ケースを使わずiPhoneでお財布携帯にする方法は?


iPhoneの裏にカードを貼りつけてしまえば、薄いiPhoneのまま、お財布携帯に変身します。
カードケース

レザー風なので、iPhoneの裏に貼り付けてもチープにならずにすむんです。

難点は、両面テープでカードケースを貼り付けるということ。アップルマークに両面テープを貼り付けるのは躊躇してしまいます。
カードケース貼りつけ

なので、薄いiPhoneケースを使うのがおすすめです↓↓
セリアで買ったiPhoneのケースを、好みのデザインに変身させる方法。

ダイソー新商品。「GIRLS'TREND研究所」のiPhone6ケースをレビューしちゃうぞ!

薄型のiPhoneケースも100円ショップで売っているので、ケースにカードケースを貼り付けて利用するのがいいですね。これだとiPhone自体はキレイなままです。



バッテリーさえ切れなければ、ApplePayはとっても素敵なアプリ&サービスです。

会員カードなど、お財布の中のカードが減って、分厚いお財布とおさらばする日も近いと思います。。

ですが、バッテリー切れで使えないというデメリットを考えると、電車の定期券や、プリペイド・クレジットカードは、まだ早いかな?

会員券やポイントカードは、ApplePayでいいと思いますが、定期券はやっぱりカードにしましょう。

現金代わりの、プリペイドやクレジットカードは、最低1枚財布にいれておくのがおすすめです。けど「今はね」です。

ApplePay(アップルペイ)はまだ、始まったばかりです。

「指こそ最高のデバイスである」とは、iPhoneを発表したとき、スティーブン・ジョブズが言った言葉です。

ジョブズの予言が真実なら、未来は指だけで、電車の乗り降りや買い物の支払いができる、そんな時代になるでしょう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示