ホームプロフィール ≫ お正月の飾りつけはまだ間にあうよ、いますぐ100均ショップへいこう。

お正月の飾りつけはまだ間にあうよ、いますぐ100均ショップへいこう。


kadomatsu.jpg

もういくつ寝るとお正月? お正月の準備はできましたか?

大掃除でそれどころではない! ごもっともです。

あなたの代りに、正月かざりを探しに100均ダイソーセリアへ行ってきました!

スポンサーリンク

日本のお正月と言えば、「 門松、しめ飾り、鏡餅 」です。

正月飾りの目的


正月飾りは、歳神(としがみ)様というご先祖の神様を家にお迎えして歓迎するためのものです。

歳神様は、その年の初めにやってきて、家族の健康や幸福を約束してくれるんです。

その年の幸せを約束してくれる神様ですから、そそうしてはダメですね。

なので、正しい正月飾りの意味を理解しておきましょうね。

門松ってなに?


門松は、「わたしの家はここですよ」と、歳神様に教える目印です。歳神様が迷わずに、家に来てもらえるようにする大切な正月飾りなんです。

これがないと、歳神様に来てもらえません。

わたしは、100均ではみつけられませんでした。

もしみつけたら、あなたの来年はとってもラッキー、間違いなしです!

しめ飾りの意味は?


しめ飾りは、不浄なものが家に入らないようにするものです。

新しい年は、清く・正しく・美しく、幸せな一年でありたいですよね。

なので、しめ飾りを玄関に飾って、汚い物が家に入ってこないようにしましょう。

ダイソーにはとってもたくさんの、しめ飾りがありますよ。
しめ飾り1

しめ飾り2


好きなの選んで、幸せな一年にしましょうよ!

鏡もちを飾る目的は?


鏡もちは、家にお迎えした歳神様が、居る(座る)場所です。

歳神様は、鏡もちに寝泊りされるんです。
おもち

カビなんか生やしちゃだめですよ⇒セリアの「鏡もち」はカビがはえなくてお正月のお片付けも楽々なんです。

ですが、本当のもちを飾るのがいいんです。

歳神様が住んでいた鏡もちには、歳神様の魂が入っています。

歳神様の魂を食べて幸せな1年を祈るのが、鏡開きという儀式です。

プラスチックは食べれないですからねぇ・・・。でも、カビないのは魅力ですよねぇ・・・。うーん、悩む!

お正月飾りは、いつまで飾るの?


お正月かざりをかざる期間は、地域によって異なります。

門松としめ飾りは、一般的には12月28日~1月7日までです。

鏡もちをしまう鏡開きの日は、一般的に1月11日とされています。

ーー
門松・しめ飾り・鏡もち。

この3つは、日本の伝統・文化です。

改めて目的を学んでみると、形はプラスチックに変わっても、守って、伝えていきたい文化ですよね。

あと少しで新年を迎えます。

今年はこのブログを通じて、皆さんにであえて幸せな年でした。

来年もいい年になりますように。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示