ホーム気になるグッズ ≫ ダイソーのナイトライトは妻のケガを守ってくれる万能薬かも?

ダイソーのナイトライトは妻のケガを守ってくれる万能薬かも?


ライト0

暗くなると自動で点灯するナイトライトをつければ暗闇でもひとりでおトイレにいけるよね。

田舎の実家に帰っていつも困るのが、夜中のトイレです。なにせ、廊下が真っ暗で歩くのもままならない。

それどころか、おばけがでそうな廊下なので、ひとりでいくのが怖くって。結局、朝までおトイレ行くのをガマンしたことも何度かあります。

廊下に灯がついていればなぁ。と思っていたらダイソーで「ナイトライト」なるもの発見したので、紹介するね。

スポンサーリンク

暗闇が怖いのはなんで!?


暗闇が怖いのはどうしてか知ってますか?

理由は人間という動物の本能なんです。

人間は五感の中でも目に頼る動物なのです。「百聞は一見にしかず」ということわざもあるじゃないですか。

なので、目が見えない暗闇は、人間が1番恐れる状態なんです。

太昔、猛獣は夜目がきいて人間が襲われたという、だから夜(暗闇)は危険で恐ろしいという記憶が、人間のDNAに刻まれているんです。

なので、人間は焚き火をたいて暗闇を明るく照らしていました。

ランプ、ロウソクから、電気が発明されて、夜は怖くなくなりました。

東京なんて、24時間明るくて、人間にとってはとっても安心できる街なんです。

だから、みんな東京に集まるんですね(笑)

自動で点灯するナイトライト


ダイソーで売っているナイトライトは、暗くなると自動で灯がつくタイプです。
ライト1

明かりセンサーがついていて、13ルクス以下になると自動でライトが灯ります。

真夏に怖い話をするときは、ロウソク1本ともして恐い話をするじゃないですか。それくらいです。

ロウソク1本の明るさが、10~15ルクスなんです。

つまり、怖いと感じる暗さになると、自動で点灯するライトです。怖くなくなるライトなんです!

ダイソーのナイトライトの利点


ダイソーのナイトライトの利点をあげると、いっぱいあります。
ライト2

・暗闇にならないので、廊下に物を置いてもぶつからない。
・コンセント式なので、電池代がかからない。
・コンセントに絶縁カバーがついて安全。
・LEDなので、超長持ちで省電力。
・暗くなると自動で点灯するので手間いらず。

ダイソーのナイトライトの欠点


とはいえ、少々欠点があります。100点満点じゃないのがちょっと残念。

・300円と100円ショップでは割と高め。
・LEDライトが交換できないので、壊れたら使い捨て。

これぐらいです。100点満点じゃないとはいえ、10年つかっても1年あたり30円。使い捨てでもいいですね。

と、いうことで欠点にはなりませんでした。

使い方は廊下


パッケージに書いている使い方は、ベッドルームや廊下です。

コンセント式なので、部屋で使うのが基本になります。

私の場合、真っ暗でないと眠れないので、ベッドルームはなしですね。

ですが、廊下はとってもありです。

妻が自分の身体の車幅感覚がないようで、明るくても部屋のあちこちにぶつかります。

先日は、足をどこかにぶつけて足の指の骨を折っちゃいました。。。

なので、わが家では妻の身体を守るためには、このナイトライトが必要なのです。

わずか、300円で高額な治療費を払わなくてもよくなるんなら安いものです。

あ、お金の心配じゃなくて、妻の心配が先でした(;^_^A

あなたも、ナイトライトを廊下につけて、自分の身体を守ってくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示