ホームレジャー・防災用品 ≫ 電池がいらない「手動発電2LEDライト」があれば暗闇も怖くないよ

電池がいらない「手動発電2LEDライト」があれば暗闇も怖くないよ


電池00

ラジオライトなどあまり使わない電気製品は、必要になって使おうとしたときに限って電池切れで困るものです。

電池がなくても使える電気製品があれば、電池切れを心配しなくてもよくなるのに。100円ショップで売っていれば即買いするのに。

なんて思っていたら「ダイソー」で見つけちゃいました。なので、即買いしちゃったので、レビューしまぁす。

スポンサーリンク

ダイソー「手動発電2LEDライト」の特徴


パッケージに説明は書いていますが、実際に使ってどうなのか気になりますよね。
電池0

2つのLEDがついてるので明るい

赤の透明プラスチックに、2つのLEDがついているライトです。
電池3

LEDが2つもついているのでとっても明るいのですが、これで100円?って、昭和の人間には信じられない安さです。

電池がいらない人力発電機能

発電の方法は、ケースについているハンドルを、握る・離すを繰り返すだけです。とっても明るく光ります。
電池2

透明のプラスチックケースなので中が見えるんですが、ハンドルを握ると、円盤みたいのが動くのが見えます。この円盤が電気を発生させるんでしょうね。( よくわからんけど、きっとそうです...。)

実は.. 電池も入ってる

このライトには、電池も入っているんです。なので、人力発電しなくても、電源スイッチ入れるとライトがつきます。
電池1

ただし、残念ながら電池交換はできません。この電池は、使い捨て電池で充電もできません。充電式電池ではないので、一生懸命ガシャガシャ握って頑張っても充電されません。

とはいえ、LEDは省電力なので電池一個でも血行長時間使えるはずです。緊急時用としてなら、使い捨てでも電池を内蔵してくれているのは嬉しいですね。

本来は、電池がなくても使える「人力ライト」ですから、電池はあくまでおまけ。防災時に少しでも負担をすくなくしようという、メーカーの優しさなんでしょうね。

防災グッズのまとめはこちら⇒地震に備えて。防災対策グッズまとめ。

使ってみた感想


夜20分ほど「ダイソー手動発電2LEDライト」を持って、散歩にでかけました。川沿いで街頭もなく暗闇なので、実験にはもってこいの場所なのです。

手動ライトを片手に持ってガチャガチャすると、2灯のLEDが道を明るく照らしてくれます。十分明るく、道に落ちている石ころもハッキリわかるので、ライトの機能は問題ありません。

ただ、歩きながらガチャガチャするのって、結構しんどくって5分が限界でした。握力は鍛えられると思うんですが。

なので途中から電池に切り換えて、道を照らして帰ってきました(笑)

手動発電は短時間の利用におすすめ

長時間、手動発電するのは結構大変なことがわかりました。けれど、短時間なら電池を使用せず、ガチャガチャすれば明るく周りを照らします。探し物とか、短時間の利用には便利です。

ですが、ガチャガチャ面倒だなので、無理して普段使いしなくてもいいと感じました。

電池を使わないので緊急用として使おう!

緊急時はスマホの充電に貴重な電池。なので、電池の消耗はできるだけ抑えたいので、手動発電はありがたい。

なので、電池を消耗しない「手動発電2LEDライト」は、非常時の持ち出し袋にいれておくのが正解です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示