ホームおもしろ文具 ≫ アイデア対決。ホワイトボードノートをダイソーとオリジナルで比較してみた

アイデア対決。ホワイトボードノートをダイソーとオリジナルで比較してみた


メモをとるのに便利で、環境にもやさしいホワイトボードノートって知っていますか?このアイデア商品を開発したのは、欧文印刷という会社です。ところが、100円ショップダイソーでもありました!
ホワイトボードノート1

オリジナルは、欧文印刷が開発しテレビでも紹介された「nu board(ヌーボード)」。とっても便利な商品ですが、ダイソーで販売しているとは!、徹底比較をしようじゃないか・・

その結果は・・

スポンサーリンク

オリジナルのホワイトボードノート


オリジナルの「nu board(ヌーボード)」は、印刷会社である欧文印刷さんが開発しました。文具メーカーのコクヨさんともジョイントした商品も出しています。

サイズは、手帳サイズからA4サイズまであって、ホワイトボードが6枚とじています。書いてすぐ消せるので、電話番号とか住所を聞くときに使っています。声に出すと個人情報バレバレですが、漏れないようにできるので、重宝してます。
ホワイトボードノート2

これ、透明シートが間に挟んでいますので、説明するときとても便利です。資料を挟んで、透明シートに赤ペンで説明を書くと、説得力倍増です。次の得意先に行くときも、すぐ消せてプレゼンできるので、売上げ倍増するかも。

でも値段がお高いので、会社に買ってもらうのはよいのですが、個人で買うとなるとなかなか難しかったのです。

ところが、ダイソーは100円なので、すぐ買えます。悔しいのですが、個人でも使えるとなると100円ならありかも、・・

ダイソーのホワイトボードノートを空けてみる


空けてびっくり。ホワイトボードで書けるというところ意外は、まったく違う製品でした。
ホワイトボードノート3


ダイソーさんは、ほんと商品開発うまいです⇒ダイソーで買った、石製の100円メモ。”水に濡れてもOK”って本当?

薄い紙が、無地・縦罫線・横罫線の3種類が挟まって、卓上カレンダーのように立てかけられる。という商品でした。

デスクの電話の横に立てて、電話メモをとることを想定しているようです。ヌーボードのように、お客様の前でプレゼンすることはできないのです。

なので、「ダイソーのホワイトボードノートは、ヌーボードの類似商品ではありませんでした!

安心したのでダイソーノートを使ってみた


ダイソーのほうは、ホワイトボード塗料の塗りが甘いのか、消すと跡が残ります。ティッシュで拭くときれいになるので、実用上はあまり問題ありません。価格の差があるのでしかたないです。

100円品質なので耐久性はなさそうですが、会社と違ってそんなに電話メモもとらないですから、数年は使えそうです。

立てておけるのは、良いアイデアです。最新のヌーボード紹介写真も立てておいている写真がのっていました。いい使い方がわかったらライバル商品同士、使い方を紹介しあうのもありですね。
ホワイトボードノート4

それぞれ、良いところ・悪いところがあります。TPOで使い分ければよいと思います。

最初はちょっと、「類似商品か?」と疑ったダイソーのホワイトボードノートでしたが、使う場面が違うし、100円だし。ありですね。

ホワイトボードノートの良さをまとめると
・個人情報を守れる。
・紙メモ不要。環境に優しい。
・プレゼンに最適。売上倍増。
・残したいとき、スマホで記録撮影!

いいことだらけの発明品。わたしは、メモに仕事に活躍してもらっています。あなたも試してみませんか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示