ホームトラブル・体験談 ≫ 「au解約ルール変更」解約日がいつでも1ヵ月分全額請求される、その対策方法とは?

「au解約ルール変更」解約日がいつでも1ヵ月分全額請求される、その対策方法とは?


auは2016年1月から解約の日割り計算がなくなり、基本料全額請求となりました。現時点では、毎月1日に解約すると基本料もかからない「1日解約ルール」というものがあります。ですが、このルールはいつなくなってもおかしくないのです。
携帯トラブル

わたしはこの改定を知らずに1月2日に解約をしてしまい、1日の利用で7000円も請求されたのです。わざわざauショップで店員さんに確認したのにです。

auお客様センターに電話して、1月1日に解約すると請求されない「1日解約ルール」を説明されたのですが、これはシステムの不具合のようです。ということは、不具合が正しくなると。。

スポンサーリンク

2015年11月9日に、auが突然「2016年1月1日から解約の際の日割り計算はやめます」という解約ルールの変更を発表しました。

わたしが解約したのは、2016年1月2日です。運悪く改定初日のことだったようです。⇒携帯電話の解約日に注意。たった1日で7000円も請求された驚きの理由とは?

auお客様サービスの問い合わせで「1日解約ルール」解約するなら毎月1日にすればよいと教えてもらいました。ところが、これはシステムの不具合だとわかりました。

※2016/11/16更新
2016年11月までは、1日ルールが有効だったようです。ところが、システム変更が終わり、2016年12月からは1日ルールがなくなるという情報が流れています。解約の際には、必ず店員に確認してくださいね! ⇒auの1日解約ルールがついに終了。1日だけの利用でも数千円請求されることに?

本来は1日に解約しても全額請求


auの発表によると、本来は1日に解約しても全額請求のはずでした。ところが開始してみると、プログラムが修正されていない部分がありました。

以前は、解約申込み日の前日が解約日でした。つまり解約申込日が1月1日の場合、前日の12月31日が解約日だったのです。

ところが今回の改訂では、解約申込み日が解約日、つまり解約申込日が1月1日の場合、解約日も1月1日になるはずでした。

解約日計算のプログラムが、修正されずに残ってしまったというのが「1日解約ルール」ができた理由のようです。つまりシステムの不具合です。

全額請求されないようにするには


システムの修正が間に合っていないので、2016年5月1日は「1日解約ルール」が適用されるようです。

ですが、公式には「1日解約ルール」は存在しません。プログラムの修正が完了してもauからは発表がないと思いますので、解約の際はご自分でauに確認するのが良いと思います。

結局、月末まで利用して解約するのが一番安全で良い運用方法です。

今回のルール改定は、転売目的など悪用者への対応なのは明らかなのですが、真面目に使っている人に対してもっとわかりやすくしても良くないですか?いい人の方が多数だと思っていますが、違います?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示