ホーム気になるグッズ ≫ 手紙の断捨離は大丈夫?ダイソーのスタンプがあなたの「個人情報」を守ります

手紙の断捨離は大丈夫?ダイソーのスタンプがあなたの「個人情報」を守ります


ものを持たない暮らし、断捨離が流行っていますね。それに倣って、日々送られてくる郵便物はその日のうちに捨てています。そのまま捨てると個人情報を公開してしまうので、捨てるときはダイソーのスタンプを使っています。
目隠しスタンプ

ダイソーの100円スタンプは、あなたの大切な「個人情報」を守ってくれます。あなたは、個人情報をゴミ箱に公開していませんか?

スポンサーリンク

「目隠しスタンプ」、元々は事務用品でつかわれていた「重要」「FAX済」とか、書類に押していたスタンプです。これが進化して宛名を消すスタンプになりました。
FAXスタンプ

当初は文具メーカーのプラスが開発して女性の間では好評でしたが。ですが、高価だったので「手で消せばいいじゃん」と、太マジックで消していた人が多かったのですが、これが面倒で皆さん挫折。

以前紹介したシュレッダーはさみも使いましたが、重要書類ならともかく、宛名消すだけなのでこれも挫折。

わたしはすぐにあきらめて会社用に、プラスの「ケシポン」を買いました。

重要書類を捨てるときは当然こちらが便利⇒シュレッダーで海苔(のり)を切ってみた。100万本売れて大ブレイクしたシュレッダーとは?

ケシポン開発ストーリー


2005年、個人の情報を守るという法律が成立したことで「個人情報保護」意識が広まりました。ところが、日々届くダイレクトメールやクレジットカードの明細書など、捨てるときには破いたり、切ったりと面倒な手間が必要でした。

シュレッダーはさみなども発売されていたのですが、「もっと手軽なものはできないか?」とプラスの社員は考えました。

「住所・宛名を隠せばいいじゃん。スタンプ押せば隠せるじゃん」と思いつき、発売された商品が「ケシポン」なのです。

ダイソーの目隠しスタンプ


プラスのケシポンは進化し続けて、ながーく消せるローラー型のケシポンなども開発されました。ダイソーで売っているのは、初期のケシポンと同様の原理で押すだけのものです。

ですが、替えインクも100円で販売しているのでインクがなくなっても続けて使用できます。使い捨てではないので経済的です。
スタンプカートリッジ

家庭に届いた宛名を隠して捨てるのであれば、ダイソーの100円「目隠し」スタンプで十分です。だれかがゴミ箱あさって(?)、郵便物を持っていっても、安心ですよ(笑)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示