ホームおもちゃ ≫ ダイソーの恐竜折り紙で、大きな恐竜の作りかたを覚えよう。

ダイソーの恐竜折り紙で、大きな恐竜の作りかたを覚えよう。


こどもって恐竜が大好きですよね。ダイソーの恐竜折り紙で、恐竜の折り方を覚えておけば「でっかい恐竜」も作ることができるようになるのです。
おりがみ

ダイソーの折紙は、3種類の恐竜の折り方を覚えることができます。小さな折り紙で練習して、こども向けのイベントで、1メートル位の大きな紙で折ってみませんか?!

スポンサーリンク

3種類の恐竜


恐竜おりがみ

恐竜の折りかたの説明は、次の3種類です。
・トリケラトプス
・アパトサウルス
・ステゴサウルス

こどもたちの質問攻めにも答えられるようにしておきましょう。

恐竜ってな~に?


恐竜は、人類が誕生するず~っと昔(2億年前)に地球にいた動物たち。いまの動物と同じように、2足で歩く恐竜や、4足で歩く恐竜もいれば、羽があって空を飛ぶ恐竜、海の中に住む恐竜もいました。

恐竜はみんな卵から生まれました。恐竜がいなくなったのは、地球に隕石(星のかけら)がぶつかったからと言われています。地球がすごく寒くなり、食べ物がなくなって、恐竜が生きれない世界になってしまったのです。

唯一生き延びたのは、空を飛べて、食べ物も少なくても生きられる小さな鳥たちだけだったのです。

恐竜たちがいなくなり長い間かかって地球に緑がもどってきたので、また新たな生命が誕生してきました。そのひとつの種類が人間なんですね。

トリケラトプス

身長3m、体長9m、体重5~8.5トン。
・トリケラトプスとは、「3本の角を持つ顔」の意味です。
・サイのような体型で、角が3本と首の周りにエリあある。
・尖った口先で、草や木の葉を掴み取って食べていた。
トリケラトプス


アパトサウルス

身長3~4m、体長21~26m、体重24~32トン。
・首が長く、ややずんぐりした体形に鞭のようなシッポがある。
・長い首で、キリンのように高い木の葉を食べていた。
アパトサウルス


ステゴサウルス

身長4m、体長9m、体重3トン。
・ステゴとは、「屋根に覆われた」という意味。背中に板みたいのがある。
・ステゴサウルスも草食で、草木を食べていた。
ステゴサウルス


ちなみに、怪獣ゴジラの背びれのデザインはステゴサウルスが元となっているのです。

ダイソーの恐竜折り紙は、いくつかの種類があるようです。お気に入りの恐竜があるといいですね。わたしは、肉食のティラノサウルスが強そうなので大好きです。わたし自身は草食系男子なのですが・・

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示