ホームレジャー・防災用品 ≫ お花見にはガムテープではなく、布テープを持っていくといい理由

お花見にはガムテープではなく、布テープを持っていくといい理由


100均ショップで売っている布テープは、いろんなところで使えるのでとっても便利。わが家では、レジャーにでかける時にも、必ず持っていきます。
荷造り

今回のお花見にも当然持っていくわけですが、ガムテープではなく布テープを持っていきます。2枚レジャーシートをガムテープでくっつけて、ずれないようにしたりとか。パンパンになったゴミ袋の口が、開かないように閉じたりとか。

でも、たまに間違ってガムテープを持っていってしまい、なんど妻に叱られたことか。

なぜガムテープではダメで、布テープが良いのか、ご存知ですか?

スポンサーリンク

ガムテープと呼ぶのは間違い!?


段ボールを閉じるのに使う紙の粘着テープを「ガムテープ」とよんでいますが、本当の名前は「クラフトテープ」なのだそうです。

本来の「ガムテープ」は、かの発明王エジソンが考案したものです。細長い紙に糊を塗って乾燥させ、使うときは水で糊を溶かして使います。切手と同じ原理ですね。

文具メーカーのニチバンやセメンダインのホームページを見てみると、確かに「クラフトテープ」と書いていました。

クラフトテープ


よく見ると、ダイソーでもセリアでもクラフトテープと書いています。50年も生きているのに、知らなかった。。。

クラフトテープと布テープの違いとは?


その名前通り、クラフトテープは「クラフト紙」という紙、布テープは「スフモフ」という布に粘着剤を塗って作られています。

布テープの特徴、メリットは、
・紙テープより強い。
・まっすぐ切れる。
・油性インクで文字が書ける。

一方、布テープはクラフトテープより値段が高く、重いというデメリットがあります。量の違いはあれ、どちらも100円ショップで買えるので、使い分けされている方も多いのではないでしょうか。


クラフトテープを使ったせいで、妻に叱られた。。


ある日のキャンプのこと、いつも通りにレジャーシートをテープでくっつけ楽しく遊んだのですが、そのお片付けで地獄がやってきました。

「なに! これ?」
みなさんのご想像どおり、レジャーシートをクラフトテープくっつけたせいで、レジャーシートからテープがはがれなくなっていたのです。

「あほ、ぼけ、かすっ!」
(勘違いしないでください、関西流の愛情表現です)と、妻の愛情表現たっぷりの怒声を聞きながら、くっついたテープを丁寧にはがしました。

間違ってクラフトテープを持っていくと大変なことになるかもしれないので、みなさんがレジャーに行くときは、クラフトテープではなく布テープを持っていくことをお勧めします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示